MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「アフラックウォレット」では「d払い」で保険料支払いが可能、電子通貨対応も視野に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/24 09:00

 アフラックは契約者向けサービスとして、3月27日に「アフラックウォレット」の提供を開始する。アフラックウォレットは、電子通貨への対応も見据えたアフラック独自の契約者向けデジタル決済プラットフォームで、フィンテック企業をはじめとする他企業とのオープンイノベーションによって実現した。

 オンライン家計簿サービスでは、マネーフォワードと提携。契約者専用に「マネーフォワード for アフラック」のWeb版とアプリ版を提供する。「マネーフォワード for アフラック」は、金融機関の口座情報やポイントサービス会社の登録情報をもとに簡単な操作で資産情報や銀行口座、保有している各種共通ポイント(dポイント・Tポイント・Pontaポイントなど)の残高等を可視化・管理できるサービス。

 ポイント交換ポータルでは、Tポイント・Pontaポイントの交換サイトを集約化したポータルサイトを提供。契約者は外部の各種共通ポイント交換サイトへアクセスして、希望するポイントやマイレージに交換することができる。

 ポイント受取サービスでは、一部据置金(健康支援金・健康祝金・生存祝金)をAmazonギフト券で受け取れるようになる。

 ポイント決済サービスでは、保険料支払いにおいて、NTTドコモの「d払い」を利用できるよう、支払い方法を拡充。従来のコンビニ・金融機関での入金やクレジットカード、LINE Payに加え「d払い」も利用可能となる。「d払い」での保険料の支払いは、生命保険業界初。

 「オンライン家計簿サービス」「ポイント交換ポータル」は3月27日から、「ポイント受取サービス」「ポイント決済サービス」は6月以降にサービス提供を予定している。

【関連記事】
アフラック、がん保険の累計支払証券数が400万件超、累計支払金額は8兆円を突破
マネーフォワード、スマホアプリで電子申告まで完結できる「電子申告機能」
「メルペイ」と「d払い」、共通QRコードの利用を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5