MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ゼノデータ・ラボ、「xenoBrain」に国内未上場企業40万社の業績予測機能、AIで成長性を評価

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/13 09:00

 ゼノデータ・ラボは、経済予測専門のクラウドサービス「xenoBrain(ゼノブレイン)」の新機能として、国内の未上場企業40万社の業績予測機能をリリースした。AIが未上場企業の今後5年以内の成長性を自動評価することで、未上場企業の将来性の分析業務を効率化することが可能となる。

 未上場企業の分析が必要とされるシーンは、取引先調査、融資、M&Aなど数多くあるが、上場企業と異なり財務情報などの開示が非常に少なく、アナリストレポートなど公表されている専門家による評価もほとんどないため、特に市場の将来性などの外部環境を取り入れた将来性評価を行うためには今まで多くの手間やコストがかかるという課題があった。

 ゼノデータ・ラボは、今までxenoBrainで提供してきた、ニュース解析による経済の予測データに加え、帝国データバンクの企業信用調査報告書を、自然言語処理と機械学習をベースにした独自開発のAIで解析。国内40万社の未上場企業について、国際情勢や技術革新などの経済状況を踏まえた将来性をAIが自動予測することが可能になった。

【関連記事】
レオス・キャピタルワークスとゼノデータ・ラボが「センチメント指数」の共同研究
経済情報を解析するゼノデータ・ラボ、慶應・第一生命・レオス藤野氏などから7.8億円の資金調達
コロナで高まる未上場株式の売却ニーズ、マネーフォワードシンカが投資家向けアドバイザリーサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5