MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

自宅で楽しめる「和菓子作りキット」あれこれ きびだんごや生和菓子、フルーツ大福など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/11 12:00

 近ごろ増えている「家族で作る」をテーマにした食品のひとつに「和菓子作りキット」がある。作業は簡単ながらも味は本格的と評判もいいようだ。

 もち菓子の「きびだんご」といえば岡山県の銘菓。そして「おうちできびだんご」は、山脇山月堂(岡山県岡山市)の調理キットだ。キットの中身は、とり粉ミックス、きびだんごミックス粉、砂糖ミックスの3つ。用意する調理器具は耐熱ボウル、泡立て器、ゴムベラ、バットなど。作り方は、水を加えて、混ぜる、電子レンジで加熱、ちぎるといった簡単な工程を経て、標準サイズのきびだんごが25個出来上がる。完成までに要する時間は約30分となっている。価格は540円(税込)。

 生和菓子である「ねりきり」を自宅で楽しめるのが「こども ねりきり」。同商品は天然由来の着色料を用い、扱いやすさを念頭に置き、あらかじめ粘性を調整した白、赤など全6色のねりきりあんで構成されている。作り方は、配色や形を考えながら、丸めたり、くっつけたりして、あたかも粘土遊びのような要領で作る。商品を手がけるかねご製餡(本社:青森県八戸市)のウェブサイトでは、毎月テーマを決めて、作品の提案動画も配信しているので、何を作ろうかと迷ったら参考になりそうだ。価格は1,944円(税・送料込、6色1セット)。

 あんと果物のおいしい組み合せとなる「大福」の体験キットもある。「菓子匠末広庵」を運営するスエヒロ(本社:神奈川県川崎市)の「おうちでフルーツ大福屋さん~大福づくり体験キット~」は、注文して届く箱の中には冷凍のもち、こしあん、白あん、レシピなどが入っている。フルーツは自宅で好みの一品を用意する。もちなどの素材は、実際の店舗でも使用されているものと同じなので、本格的な味が楽しそうだ。フルーツ大福の定番、いちご大福なら15個が作れる。価格は2,980円(税込)。

 今春は、家族で和菓子作りに挑戦して楽しんでみるのもよさそうだ。 

【関連記事】
大人も楽しめるキャラメルたち、レトロなメロン味、専門店が提案する本格派、ペーストも
うるち米を使った「餅」あれこれ 血糖値を抑えるきりたんぽや郷土料理の進化版など
個性派のトッピング、シリアルに合う「お餅」、辛い天かす、縁起の良いふりかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5