MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

クレジットカード、「審査に不安を感じた」69.2% 一方、リボ払い利用者の後悔は「手数料の高さ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/17 13:00

 Office Withは、クレジットカード保有者465名を対象にアンケート調査を実施し、その結果を4月5日に発表した。調査期間は3月28日から4月2日。

 クレジットカードの申し込みの際、不安を感じた人の割合は69.2%だった。そこで、不安を感じた322名にその理由を聞くと「収入が少ない」が191名で、最も多かった。以下、「滞納歴がある」(34名)、「勤続年数が短い」(20名)、「借金がある」(19名)、「自営業をしている」(18名)、「過去に審査落ちしている」(9名)、「複数のクレジットカードを保有している」(7名)の順で続いた。

 実際にクレジットカードの審査に落ちた経験を聞くと、23.0%が「ある」と回答した。審査に落ちた経験がある107名に、その理由で考えられることを複数回答で聞くと「収入が少ない」が37名で最も多かった。以下、「滞納歴がある」(16名)、「借金がある」(12名)、「勤続年数が短い」(10名)、「複数枚クレジットカードを申し込んだ」「自営業をしている」(各6名)の順で続いた。

 クレジットカード会社は、審査基準や審査に落ちた理由を公表しないことから、クレジットカードを申し込む際に不安を感じる人は多いようだ。

 一方、同社はクレジットカードの「リボ払い」の利用者200名を対象にアンケート調査を実施し、その結果を3月17日に発表した。調査期間は3月5日から8日。

 リボ払いはリボルビング払いの略で、クレジットカードの支払方法のひとつ。リボ払いでは、毎月の支払額をあらかじめ決め、その範囲内で金利と元本の返済していく。そのため、毎月の返済計画を立てやすいというメリットがあるが、元本の返済がなかなか進まず、その分の利息の負担が大きくなるというデメリットもある。

 リボ払いを利用した理由を聞くと、「毎月の支払額の負担を減らすため」が57名で最も多かった。以下、「高価なものを買ったため」(29名)、「支払いが間に合わなくなった」(28名)、「知らずに設定していた」(23名)、「出費が多かった」(16名)、「支払いを一定額にしたい」(11名)、「キャンペーン期間中だった」(7名)、「ただの分割払いだと勘違いしていた」「ポイントが貯まるため」(各6名)、「リボ払いしか選択できなかった(リボ払い専用クレジットカードだった等)」(4名)の順で続いた。

 リボ払いを利用して良かった点を聞くと「返済が楽になった」が89名で最も多く、以下、「お金の管理がしやすい」(28名)、「毎月使えるお金が増えた」(12名)、「高いものが買える」(6名)、「ポイントが貰えた」(3名)の順で続いた。「特になし」は59名。

 リボ払いを利用して後悔した点を聞くと「手数料が高い」が106名で最も多く、以下、「支払いが長引く」(49名)、「気軽に買い物をしてしまう」(8名)の順で続いた。「特になし」は30名。

 リボ払いを利用する際には仕組みやメリット・デメリットも理解してから利用するのがよさそうだ。

【関連記事】
クレジットカード市場、コロナで67兆円に落ち込み 使うシーンは「ネット決済」が最多
クレディセゾン、キャッシングのリボ払いを4000円からに変更できる「ゆとりコース」新設
JCB、リボ払い・分割払いが可能な法人カード「JCB CARD Biz」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5