MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

個性的な機能・デザインの「自転車」 防災兼用やアウトドア用、愛猫家向けなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/18 11:00

 密を避けるための移動手段として、また運動不足解消や気分転換などのため、最近あらためて「自転車」への関心が高まっている。そして個性的な機能やデザインを盛り込んだ商品も登場している。

 セイエンタプライズ(本社:東京都千代田区)の「防災する自転車2 SEISHOPオリジナル トランス・モバイリー・ネクスト163」は折りたためる電動アシスト自転車。こちらは商品名でもわかるように、日常はもちろん非常時の利用も想定した構造となっている。例えばタイヤはノーパンク仕様となっているので、いかなる路面状況においても心強い。また着脱式のバッテリーは、長距離やアップダウンの走行をアシストしてくれるだけでなく、スマートフォンなどのモバイルバッテリーとしても使える。しかも折りたためるので保管スペースも少なくて済み、持ち運ぶ際も便利な仕様となっている。価格は15万1,800円(税込)。

 あさひ(本社:大阪府大阪市)が展開する「LOG WAGON(ログワゴン)」は、アウトドアシーンで活躍する作りとなっている。同商品には2つの大きな特徴があり、一つはたくさんの荷物を積めること。開閉式リアキャリア、底面の広いフロントキャリア、フロントフォークに配されたダボ穴(アイレット)と、荷物の積載に役立つしかけが随所に施されている。もう一つは走りの安心感と安全性。タイヤは衝撃吸収力に優れた幅広タイプ。加えて、サイズを20インチとすることで車体の重心を下げ、大荷物で走行する時も安定するフレーム設計となっている。新緑の季節に自転車で少し遠出も悪くないなと思ったら、この1台を相棒に選ぶのもよさそうだ。価格は4万9,980円(税込)なり。

 ホダカ(埼玉県越谷市)から発売中の「kocka(コチカ)」は、愛猫家に向けた折りたたみ自転車だ。フレーム部の形状と、あしらわれたネコのイラストの組み合わせによって、自転車全体にネコの雰囲気が漂っている。種類はフレーム部に配されたイラスト違いでキジトラ、クロにシロの3タイプ。商品名は、チェコ語でネコの意味だという。愛車にすれば、普段はネコの気分でのんびり気ままに近所を散策するほか、時には折りたたんで、輪行やマイカーに積み込んで出かけた先で走ることもできる。価格は5万5,000円(税込)。

 これらの個性派の自転車に乗って出かければ、コロナ禍のストレスも解消できそうだ。

【関連記事】
自転車用の便利グッズ、スマホの充電・カップホルダー・ワイヤー錠など
自転車・バイクに乗る人向けの「お守り」、巻きつけ型などアマゾンで購入できるアイテムも
猫モチーフの感染予防アイテム、かわいい「猫の手」でボタンをプッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5