MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBI証券、未成年口座の国内株式現物手数料を実質無料化など「ネオ証券化(手数料ゼロ化)」を推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/21 09:00

 SBI証券は、「ネオ証券化(手数料ゼロ化)」の推進と大型のキャンペーン・プログラムの実施を発表した。

 同社は2020年10月から、1日の約定代金合計額に対して手数料がかかる「アクティブプラン」では現物取引、信用取引(制度信用)、信用取引(一般信用)の各取引において100万円までを無料とし、最大300万円までの取引を無料としている。今後さらに「ネオ証券化(手数料ゼロ化)」を推進するため、以下の取り組みを行なう。

・2021年4月20日以降、未成年口座の利用者の国内株式現物手数料を、月間1万円を上限として、キャッシュバックにより実質無料とする。

・2021年4月20日以降、20~25歳の利用者の国内株式現物手数料をキャッシュバックにより実質無料とする。

・証券総合口座の開設月から最大3か月間、国内株式現物手数料をキャッシュバックにより実質無料とする(エントリーが必要)。

・S株(単元未満株)の買付手数料を無料化するキャンペーン(エントリーが必要)。

 また、SBI証券は2021年3月22日に600万口座を達成したのを記念して、以下のキャンペーン・プログラムを順次実施する。

住信SBIネット銀行受取利息100倍キャンペーン(2021年4月20日~2021年10月16日)

 SBI証券の証券総合口座の新規開設と、住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金への入金で、SBIハイブリッド預金の通常の受取利息に加えて、その100倍相当の金額が追加で付与される(特典付与金額上限は10,000円。住信SBIネット銀行WEBサイトでのエントリーが必要)。

600万口座達成記念キャンペーン

 600万口座の達成を記念して実施するキャンペーン。特設ページでクイズに答えた人の中から抽選で5,000名にAmazonギフト券200円分をプレゼント。また、投資信託を1万円以上購入した人の中から抽選で5,000名に1,000円をプレゼントする。

IPOフレンズプログラム(2021年4月20日 16:00~)

 紹介した家族、友人が口座開設することで紹介者に、証券総合口座の開設で本人に、IPOの抽選に当たりやすくなる「IPOチャレンジポイント」10ポイントが付与される。2021年4月20日~2021年7月31日は、本プログラムによるポイント付与率を30ポイントに増額するキャンペーンを実施する。

【関連記事】
SBI証券、国内ETF4銘柄の手数料を無料化
楽天証券、国内株式の1日の取引金額100万円以下の手数料を無料に、12月から
SBI証券、大口信用取引の取引手数料無料の対象金額を5千万円→3千万円へ引き下げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5