MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

GMOコイン、第1四半期の売買代金は11.5兆円、37.4万口座に成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/10 09:00

 GMOフィナンシャルホールディングスは、2021年12月期第1四半期決算(1~3月)を発表し、GMOコインの売買代金、口座数、預り資産残高を公表。売買代金は11.5兆円、口座数は37.4万口座、預り資産残高1,289億円となった。

 暗号資産市場の活況を背景に、売買代金・収益が大きく増加。暗号資産の売買代金は前年同期2.6兆円だったが、2021年12月期第1四半期に11.5兆円となり、前期比で大幅な増収を達成した。

 口座数は、前年同月末比で20%以上増加(前年同月末:31.1万口座 ⇒ 2021年3月末:37.4万口座)。預り資産は、前年同月末比で約4.5倍に増加(前年同月末:283億円 ⇒ 2021年3月末:1,289億円)している。暗号資産価格の上昇に伴い、預り資産も大きく増加した。

 また、暗号資産業界全体に対するGMOコインの売買代金シェアは30.9%と大きく上昇。今後は、法人口座を含む顧客層のすそ野拡大によって、さらなるシェア拡大を図る。

【関連記事】
ディーカレット、暗号資産現物取引の「取引所サービス」開始
コインベース、フィデリティらが暗号資産業界団体を設立
メルカリ、暗号資産事業に着手、子会社「メルコイン」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5