MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

個性派の「入浴剤」あれこれ 生薬入りや癒される塩と香り、鈴木姓の一品など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/16 11:00

 生活も仕事のスタイルも大きく、かつ急激に変わろうとしている昨今。知らず知らずのうちに疲労も蓄積され、体も心も疲れている。解消法はいろいろとあるが、その中の一つがお風呂のお湯に浸かること。そこで個性派の「入浴剤」をいくつかご紹介したい。

 メンタル・ボディケアサロン ラヴィッシュ(山口県周南市)が提案する「ハグ・ユア・ハート ラヴィッシュ」は、温活で体と心に元気をチャージする。同商品は9種類の生薬を使った薬用入浴剤で、用いられているのは保温効果が望めるコウカや、美白や精神安定効果が期待できるシャクヤク、ダイウイキョウなど。したがって浴槽に加えて体をゆだねれば、冷え対応はもちろん美容やリラックス面と、体と心のメンテナンスに効果がありそうだ。形状もティーバッグスタイルなので、携帯すれば出先で、あるいは足湯といった浴槽以外での使い方もできる。価格は480円(税込)。

 ウカ(Tokyo head office:東京都港区)の「uka アロマティックバスソルト」は、シンプルな構成で心地良さを考えた商品だ。素材は肌への潤いをもたらしてくれる26ものミネラルを含む死海の塩、保温と保湿効果があるサトウキビエキスにアロエベラ葉汁、そしてリラックスできる香りを演出する精油となる。種類は香り別に全3種。内訳はスパイシーな香りで「愛せるお風呂」との添え書きもある「ハグ」、深みのあるすっきりとした香りで「前向きなお風呂」と銘打たれた「バランス」、爽やかな香りで「眠れるお風呂」の「ドリーム」がある。価格は3種いずれも1袋550円(税込、25グラム)となっている。

 紀陽除虫菊(本社:和歌山県海南市)が手がける一品「薬用入浴剤 鈴木」も面白い存在だ。商品名は、人の苗字でお馴染みの鈴木姓のルーツとなる地に本社を置く同社が、全国で頑張る鈴木さんへのエールを込めて命名したという。同時に、海南市のPRにもひと役となっているようだ。レトロな雰囲気が漂うボトル入り粉末で医薬部外品。保湿成分としてトウキ、トウヒ、ショウキョウエキスなどが配合され、香りは心安らぐ森の香仕立てとなっている。価格は1,980円(税込、500グラム入)。

 気温の上昇とともについシャワーだけになりがちではあるが、そこをあえてひと手間、浴槽にお湯を張って、入浴剤を入れてゆっくり浸かれば、翌朝の目覚めも良くなりそうだ。

【関連記事】
「家庭用手袋」が高機能化、赤ちゃんのお風呂用やシャンパンカラーがオシャレな逸品も
あると便利な「腰かけ」、収納ワゴン型やお風呂でうれしい絶妙な高さが魅力
「木製お風呂グッズ」あれこれ 心身を癒やす新旧ブランドや香木&漢方のお湯など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5