MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

住友商事株、英Arqitの量子暗号技術の販売でパートナーシップを締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/21 10:00

 英Arqitと住友商事は、Arqitが開発した量子暗号技術の日本市場における販売代理店権に関するパートナーシップを締結した。

 量子暗号技術は、物理学の量子力学理論を応用した暗号化技術で、暗号鍵を光子に乗せた「量子鍵配送」を用いることで、光子の揺らぎによって盗聴の形跡を検知し、不正な読み取りの防止を可能とする。Arqitの量子暗号技術ソリューション「QuantumCloud」は、簡易な設定で高セキュリティながら低コストの量子暗号技術を提供するクラウドサービスだ。

 2017年に設立されたArqitは、量子暗号技術を用いてサイバーセキュリティを確保することをミッションとして、革新的な量子鍵の開発・実用化の確立を進め、現在では数百の特許を取得している。

 広範な事業領域を持つ総合商社として、量子技術による社会変革のリーディングカンパニーを目指している住友商事は「QuantumCloud」の日本市場向けの営業活動に加え、官公庁やメーカー、金融機関などとも研究開発や共同事業を検討する。たとえば、クレジットカードの決済情報の通信に量子暗号技術を適用し、顧客情報や決済情報の完全な秘匿保護を可能にするような金融向けの量子暗号の普及を図る。また、ArqitとNASDAQ上場の特別買収目的会社の合併に伴う私募増資を引き受けることも決定している。

【関連記事】
住友商事ら、ブロックチェーンを使った不動産賃貸サービス、契約はアプリで、電気やガスも手配可能
伊藤忠、量子コンピュータ向けソフトウェアのZapata Computingへ出資、国内展開を支援
NTT、データを暗号化したままディープラーニングの学習ができる秘密計算を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5