MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

GMOあおぞらネット銀行、ファイナンス事業者向けに「預金債権保全くん」提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/25 09:00

 GMOあおぞらネット銀行は、貸金業者やファンド運営会社といったファイナンス事業者向けに、安価に債権保全業務の高度化を実現するサービス「預金債権保全くん」の提供を開始した。

 「預金債権保全くん」は、「質権設定承諾」「出金管理」「モニタリング」の3つの機能を有するサービスで、用途に合わせて機能を組み合わせ、効率的に債権保全を行うことができる。

 融資をする側(債権者)は、債務者名義でGMOあおぞらネット銀行に開設された法人口座(以下、保全用口座)から振込出金を行う際には、債権者による承認が必要となるため、債権者の意図しない出金を回避することができる。また、保全用口座の資金移動が可視化されるため、モニタリング業務の負荷を軽減することができる。

 一方、融資を受ける側(債務者)は、質権設定に加え、債権者自身が出金管理やモニタリングを行えるため、融資を受けやすくなるほか、資金移動時の承諾や定期的な報告業務の負荷を軽減することが可能となる。

 GMOあおぞらネット銀行の「ビジネスID管理」の機能を活用したサービスで、費用は以下のとおり(いずれも税抜)。

初期費用:契約事務手数料 投資実行額(または質権設定額)×0.4%
月額費用:口座管理手数料 37,000円 

【関連記事】
GMOあおぞらネット銀行、「銀行APIラインアップ圧倒的No.1プロジェクト」を発表
GMOあおぞらネット銀行、月額1980円の法人向け振込手数料サブスクリプションプログラム
みんなの銀行、目的別の貯蓄機能「ボックス」を提供、最大20個作成可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5