MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

分譲マンションデベロッパー最優秀賞は、首都圏が三井不動産レジデンシャル、関西は三菱地所レジデンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/05/27 10:00

 不動産情報サイト「SUUMO」を運営するリクルートは、首都圏と関西の新築マンション購入者が選んだ顧客満足度をランキング化し「SUUMO AWARD」として、2021年版を発表した。

 SUUMO AWARD(2021年首都圏版)は、首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)で新築マンションを購入した人を対象に、マンションデベロッパー・分譲マンション販売会社の品質や価格、取り組み内容など、さまざまな観点での満足度について尋ねたものをランキングにしたもの。

 <分譲マンションデベロッパー・販売会社の部>の総合評価で最優秀賞を受賞したのは、三井不動産レジデンシャル。優秀賞は、野村不動産、住友不動産、三菱地所レジデンス、積水ハウスとなった。

 一方、SUUMO AWARD(2021年関西版)は、関西(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・和歌山県・奈良県)で新築マンションを購入した人を対象に、マンションデベロッパー・分譲マンション販売会社や管理会社の品質や価格、取り組み内容など、さまざまな観点での満足度について尋ねたものをランキングにしたもの。

 <分譲マンションデベロッパー・販売会社の部>の総合評価で最優秀賞を受賞したのは、三菱地所レジデンス。優秀賞は、積水ハウス、野村不動産、阪急阪神不動産、住友不動産が受賞した。

【関連記事】
首都圏の新築分譲マンション、発売戸数は4月として3年ぶりの2000戸台に
首都圏マンション、昨年の供給1位は住友不動産、マンション価格は今年2月までは上昇傾向
五輪選手村として活用後に新築住宅として分譲される「HARUMI FLAG」、新街区の事前案内スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5