MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

在日外国人の70.1%が「今後も日本で働きたい」 働いて良かったのは「雇用が安定していること」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/05 12:00

 株式会社マイナビは、現在日本でアルバイトをしている16歳以上の在日外国人315名を対象に「2021年在日外国人のアルバイト実態調査」を実施し、その結果を4月23日に発表した。調査期間は3月26日から31日。

 現在の職場は働きやすいかを聞いたところ、84.8%が「働きやすい」(働きやすい36.5%・どちらかといえば働きやすい48.3%)と回答した。「どちらかといえば働きにくい」は14.3%、「働きにくい」は1.0%だった。回答した理由を複数回答で聞くと、働きやすい理由(N=267名)は「仕事が楽しい」が49.1%で最も多く、以下、「立地が便利である」(30.0%)、「希望どおりの勤務時間で働ける」(28.5%)、「給与が高い」(25.5%)、「職場の人間関係が良い」(25.1%)となった。働きにくい理由(N=48名)では、「仕事内容が過酷」が35.4%で最も多く、以下、「休みがとりにくい」(20.8%)、「正当な評価をしてくれない」・「異文化への理解がない」(各18.8%)、「裁量権が少ない」(16.7%)となった。

 今後も日本で働きたいか聞くと、70.1%が「働きたい」(働きたい47.6%・どちらかといえば働きたい22.5%)と回答。「どちらとも言えない」は19.0%、「どちらかというと働きたくない」は9.2%、「働きたくない」は1.6%だった。

 なお、現在のアルバイトの職種(単一回答)を聞くと、「外食・飲食店」(23.5%)、「コンビニ」(19.4%)、「教育(塾講師・家庭教師など)」(13.3%)、「オフィスワーク」(10.5%)、「販売・接客」(9.8%)、「宿泊業」(3.5%)の順で多かった。やってみたい職種を複数回答で聞くと、「オフィスワーク」(29.8%)、「教育(塾講師・家庭教師など)」(27.0%)、「外食(飲食店)」(21.0%)、「コンビニ」(20.3%)、「宿泊業」(20.0%)、「販売・接客」(18.7%)の順で多かった。

 一方、株式会社オリジネーターは、同社が運営する外国人留学生就職情報サイト登録者で、日本で働く外国人社員129名を対象にアンケートを実施し、その結果を5月13日に発表した。調査時期は3月。

 日本で働いて良かったことを複数回答で聞くと、「雇用が安定している」が49.6%で最も多かった。そのほかでは、「やりたい仕事ができてやりがいを感じる」(28.7%)、「給与水準が高い」(24.0%)、「研修・育成制度が整っている」(22.5%)、「大学・大学院で学んだ専門性、前職での経験が活かせる」(19.4%)などが多かった。

 日本で働いて不満に思ったこと・がっかりしたことを同様に聞くと、「給与水準が高くない」(31.8%)、「日本語ネイティブでないことへの配慮が不足(早口や難しい言葉を使われる)」(29.5%)、「求められている役割や仕事内容が明確でない」・「人事評価の基準が明確でなく、外国人だと昇給・昇進できない」(各28.7%)、「残業が多い」(24.0%)の順で多かった。

 日本で働く外国人の満足度は高く、日本で働き続けたいと考える人は多いようだ。

【関連記事】
在日外国人アルバイトの日本の印象は「マナー・時間・上下関係に厳しい」
セブン銀行ら、永住権がなくても申込可能な外国人居住者向け「目的別ローン(無担保)」
6割の企業が外国人採用に前向きも、正社員給与で日本人と4.6万円の差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5