MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

サイバーエージェントとクレディセゾン、カード決済データを活用するマーケティング会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/02 08:00

 サイバーエージェントとクレディセゾンは、カード決済データを活用したマーケティングソリューションを提供するため、合弁会社「株式会社CASM(キャズム)」を設立した。

 サイバーエージェントのAI技術の研究開発組織「AI Lab」はこれまでも、レコメンド情報最適化の研究、企業・政府の意思決定に不可欠な細かい粒度でのリアルタイムな経済状況の把握を目的としたオルタナティブデータ活用の研究などに取り組んできた。

 主に金融領域で使われてきた財務情報や経済統計のような伝統的なデータ(Traditional Data)に対して、オルタナティブデータ(Alternative Data)は、クレジット決済データ、購買(POS)データ、SNSデータなどを指す。両社は今後、新会社を通じて、決済データを活用したマーケティング事業や新規ビジネスを開発する。

【関連記事】
大和証券グループ本社とクレディセゾンの合弁会社、不動産投資ローンサービスを提供
クレディセゾン、日常のカード利用をすべてゲームに還元する「セゾンゲーミングカード」
伊藤忠商事・ファミマ・ドコモ・サイバーエージェントが広告会社を設立、購買データなどを活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5