MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

機能性を高めた「タオル」あれこれ 吸水速乾や消臭機能、災害時にも活躍する1枚など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/13 11:00

 「タオル」は、毎日の暮らしの必需品。使用頻度が高いがゆえに求められる機能は、肌触りや耐久性など多岐に亘る。そんな商品にあって、このところ特定の機能性をさらに高めたタオルが登場している。

 浅野撚糸(本社:岐阜県安八郡)が手がける「エアーかおる エクスタシー」シリーズの「エニータイム」はとにかく水を良く吸い、すぐ乾く。これは素材のスーパーZEROと呼ばれる素材によるもので、水溶性糸と綿糸をベースに、同社が独自に開発した世界初の特殊な撚糸だ。この撚糸を用いると繊維に広い隙間ができ、この広い隙間がたっぷりと水分を吸収する。さらに広い隙間は通気性にも優れているので、抜群の速乾性も併せ持つ。また毛羽落ちも少ない。したがって繰り返しの洗濯後でも、肌触りの良さが長期間続く。色は全5種で、サイズは約34×120センチ。価格は2,420円(税込)。

 スタジオニブロール(神奈川県横浜市)より販売中の「ホスピタイル 大判タオル」の特徴は消臭機能が優れていること。誕生のきっかけは、医療や介護・福祉現場のストレス軽減を目的に集まったデザイナー、医療・福祉従事者に繊維会社によるコラボレーションによるもの。ここで着目されたのが、使用頻度も高いタオルから発せられることも多い不快なニオイだった。そして形となった同商品、素材は綿100%。素材自体に施された酢酸による特殊な消臭加工が、アンモニア臭などの悪臭を瞬時に中和する。しかも消臭機能は、洗濯しても半永久的に続くという。さらに今治タオルブランド認定商品でもあり、心地よい風合いも魅力となっている。価格は5,500円(税込、67×132センチ)となっている。

 Abby(本社:愛媛県今治市)から登場した「防災タオル」は、普段から活用できる肌に心地良い綿100%素材の1枚。形状は生地中央部がタオル地で、両端がメッシュとなっており、これが災害時に威力を発揮する。この作りが実に結びやすく、タオルから一転、応急手当ての包帯や三角巾、赤ちゃんのオムツなどさまざまな用途に活用できるアイテムになる。サイズも約32×123センチと十分な長さがある。またポーチも付いており、表面には連絡先や血液型、アレルギーの有無などを記載する欄があり、常備薬などを収納できる。価格は1,650円(税込、全7色)。

 これからタオルを使う頻度が増える夏を迎える。好みに応じて機能性を高めたタオルを使ってみてはいかがだろう。

【関連記事】
手軽に美味しくなるプレートタイプの調理グッズ トースターや蒸し器、解凍・冷凍用ボードなど
あるとうれしい「マスク収納グッズ」、上質なレザー製や「2つのポケット」で使い分けにベンリなタイプも
手ざわりのよい晒(さらし)を使ったグッズたち、「夏用マスク」や切り取って使えるミシン目入りロールも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5