MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

2021年5月度の派遣平均時給は1594円、3か月ぶり前月比プラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/17 10:00

 エン・ジャパンが運営する仕事探しサイト「エン派遣」では、サイトに掲載されたすべての職種の求人情報をエリア別に集計し、募集時の平均時給分析を行ない、2021年5月度の集計結果を発表した。

 2021年5月度の三大都市圏平均時給は1,594円、前月比+5円・0.3%増、前年同月比+9円・0.6%増と、3か月ぶりに前月比プラスを記録した。時給上昇の要因は、オフィスワーク系の後任案件とIT系の高時給案件の増加だ。

 昨年は新型コロナウイルスの影響範囲が読めず、多くの派遣スタッフが既存の仕事を継続。今年はワクチン接種開始など収束のめどが見えはじめたこと、感染拡大から1年が経過し、テレワークの導入などコロナ禍の労働環境が整ったことで、7月の契約更新のタイミングに向けて新しい仕事を検討する人が増えている。

 その影響を受け、多数の派遣スタッフが働くオフィスワーク系で、7月就業開始の後任募集の案件が増加。既存の派遣スタッフ同等のスキルが必要な経験者募集が多く、時給が上昇している。

 IT系では、コロナ禍で企業のDXや既存事業の業態変更に伴うシステム開発に関連した需要が拡大。正社員だけでは人手が足りず、従来は正社員が担うことが多かった開発上流工程の案件でも派遣スタッフの活用が進んでいる。上流工程の案件は時給が高く、全体時給上昇の要因になっている。

【関連記事】
コロナで「年収が減った」29% 転職したい理由は「働き方・勤務スタイルの変更」
学生と転職希望者に聞いた、コロナ禍で「安定している」と思う企業の特徴は?
副業収入、「副業が本業収入を超えた」21.8% 約7割が副業・複業先への転職にも前向き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5