MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

野村證券、資産管理アプリで「月々の貯蓄額を考える」機能を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/24 09:00

 野村證券は、資産管理アプリ「OneStock」で「月々の貯蓄額を考える」の機能提供を開始した。このアプリはさまざまな金融機関で保有する資産のデータを自動連携することで、現在の資産全体を一元管理することができるほか、将来の資産の姿を「資産寿命」という形で把握することができるサービスで、マネーフォワードと共同で製作したもの。

 「月々の貯蓄額を考える」機能では、現在、毎月貯蓄している金額などの情報をもとに、今後の不動産購入や子供の進学などのライフイベントに紐づいた質問の回答からライフプランの実現に必要な月々の貯蓄額を算出。算出された貯蓄額と現在の貯蓄額を対比することができる。また、現在の貯蓄額に加え、持ち株会や確定拠出年金などの資産額を考慮することも可能だ。

 また、ライフプランの実現に必要な月々の貯蓄額を預貯金の金額と積立投資の金額へ分解し、適切な配分比率を提示。さらに、積立投資については推奨の投資構成比率(アセットクラス)を確認したり、現在の積立投資における投資構成比率と比較することもできる。

 野村證券年金研究所のノウハウや統計データを活用して算出する「資産寿命」では、新機能「月々の貯蓄額を考える」により算出された貯蓄額を反映し、改めて算出した「資産寿命」と、現在の「資産寿命」とを比較することができる。

【関連記事】
みんなの銀行、目的別の貯蓄機能「ボックス」を提供、最大20個作成可能
30歳時点の目標貯蓄額は740万円、前年から126万円の増加【新社会人の意識調査】
資産形成、30.5%が「経済不況で始めた」 一方、コロナ禍で貯金額は増えた人は少数派

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5