MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

固いキャップも楽に開けられる「ミニオープナー」 マルチタイプやカード型、ネコの足型など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/27 12:00

 ペットボトルなどのキャップが固くて開かない。この困った事態は女性やお年寄りだけでなく、誰の身にも突然やって来ることがある。そんなときにあると便利なのがオープナー。そこで携帯可能なミニオープナーをいくつかご紹介したい。

 ライフスタイルブランド「KEYUKA(ケユカ)」を展開する河淳(東京都中央区)が手がけるのは「muna マルチミニオープナー」だ。同商品は利き手を問わず使用できるよう、形状は左右対称の卵型を採用している。キャップの大きさは13~32ミリまでのサイズに対応しており、ペットボトルのほか、紙パックのキャップやゼリー飲料のキャップなども簡単に開けられる。先端分でプルタブも起こせる。これがあれば日常の暮らしで出会うさまざまなキャップに対応できそうだ。価格は715円(税込)。

 サカエ工業(栃木県栃木市)の「スマイルオープナー どこでも」はカードスタイルのアイテム。財布にも収納できる薄型で携帯するにも便利な同商品は、カード表面に4つある穴のいずれかに開かないキャップを差し込んで使う。対応するのは日本とフランス製、2種類のペットボトルと3種類のゼリー飲料だ。加えて角を使えば、缶入り飲料などのプルタブを開けることもできる。価格は550円(税込、全6色)。

 栗原工業(東京都足立区)製となる「にゃっぷ」は、シリコーン製でペットボトルのキャップに対応するオープナーだ。ルックスはネコの足型で、使う際は開かないキャップにかぶせて、やさしく握り、そして回す。特に大きな力は必要なく、これで意外とあっさりとキャップは開く。またキャップにかぶせるタイプなので、キャップに装着したままで持ち歩いても邪魔にはならない。むしろキュートなワンポイントになってくれそうだ。価格は660円(税込、全4色)。

 喉のかわきを癒やすため、外出先でも飲料を求める機会が増えてきた。固いキャップを開けるのが苦手という人は、これらのミニオープナーをカバンに忍ばせておけば重宝しそうだ。

【関連記事】
意外な組み合わせの「甘いお酒」、ほうじ茶とみりん、チョコと日本酒など
個性的な「オープナー」あれこれ ペットボトル用やマルチタイプ、可変サイズなど
手軽に美味しくなるプレートタイプの調理グッズ トースターや蒸し器、解凍・冷凍用ボードなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5