MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

転職サイトの応募数が増加、「公的機関・その他」が前年同月比165.1%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/19 08:00

 マイナビが運営する総合転職情報サイト「マイナビ転職」は、「2021年6月度 正社員求人掲載数・応募数推移レポート」を発表した。この調査は、同サイトに掲載された求人の「掲載数」「応募数」の推移を調査したもの。

 2021年6月の掲載数は、前年同月(2020年6月)比146.0%で、前月(2021年5月)比133.6%。一方、応募数は、前年同月(2020年6月)比115.4%で、前月(2021年5月)比111.2%だった。

 2021年6月は、売り手市場感の強かった2019年平均と比べても、掲載数・応募数ともに増加。6割以上の企業が正社員不足を感じるなど依然として人手不足感が続く中、コロナ禍でも採用活動や転職活動を行う基盤が整いつつあると考えられる。

 掲載数では、業種大分類12業種のうち、11業種が前年同月と比べて増加。「環境・エネルギー」が前年同月比178.4%と最も高く、次いで「マスコミ・広告・デザイン」が165.8%、「IT・通信・インターネット」が163.8%となった。

 応募数は業種大分類12業種のうち、10業種が前年同月と比べて増加。「公的機関・その他」が前年同月比165.1%と最も高く、次いで「マスコミ・広告・デザイン」が147.9%、「サービス・レジャー」が131.3%となった。

【調査概要】
調査期間:2021年6月1日(火)~2021年6月30日(水)
集計対象データ:<掲載数>該当月における、弊社総合転職情報サイト「マイナビ転職」に掲載開始された求人情報から、下記除外対象データを除き集計。※除外対象:雇用形態が正社員以外
<応募数>該当月における、弊社転職情報サイト「マイナビ転職」内の応募数から、下記除外対象データを除き集計。※除外対象:雇用形態が正社員以外
計算方法:
月次推移:調査月の前年月の値を100%とし、各月の増減率を算出
前年同月比:各月の前年同月を100%とし、増減率を算出

【関連記事】
転職の決め手、コロナ後は「リモートワーク」重視 一方、転職が決まるまでの応募社数は平均10.5社
正社員の採用予定企業数、2021年度は55.3%に低下 2022年新卒採用は「前年並み」が最多
コロナで「年収が減った」29% 転職したい理由は「働き方・勤務スタイルの変更」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5