MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

快適な空間作りに役立つ「ゴミ箱関連グッズ」 連結タイプやゴミ袋隠し、携帯用ゴミ箱など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/01 11:00

 日々の生活でなくてはならない「ゴミ箱」。ただ、よく見ると部屋の雰囲気に合っていなかったり、意外と使い勝手が悪いこともある。そこで、ゴミ箱の見た目や使い勝手を改善するグッズが販売されている。

 八幡化成(本社・工場:岐阜県郡上市)製の「フェニール」は、組み合わせることができる一品。ホーローのような艶やかな質感を持ち、側面には取っ手とくぼみのある円筒形となっている。サイズはL(容量10リットル)とS(容量1リットル)で、使う際は、例えば、LのくぼみにSの取っ手を連結すれば、たちまち分別できるゴミ箱が出来上がる。見た目も、大きなLにちょこんと小ぶりのSがぶら下がる姿は、どこかかわいらしい雰囲気を醸し出す。またカラーも全6色が用意されているので、LとSで色違いなど、配色に凝ってみるのもよさそうだ。価格はLが1,100円、Sは770円(ともに税込)となっている。

 ゴミ箱本体は従来のままで「G.S.Band」という一品をプラスすれば見た目をすっきりさせることができる。特にゴミ箱から内部に使っているゴミ袋の端っこのはみ出しが嫌だという人に最適なグッズだ。同商品は、ゴミ箱の内部でゴミ袋を固定するバンド式となっている。現在使用しているゴミ箱のサイズに合わせてバンドを丸めてリングを作り、出来たらゴミ袋をかぶせ、ゴミ箱内へ。これだけでゴミ袋は端っこを含めて全てゴミ箱内部に収めることができる。バンドは弾力もある素材なので、ビニール袋をしっかりホールドすることができる。同商品手がけるのは森松(愛知県名古屋市)。価格は1,349円(税込)。

 アメリカのメーカーであるオレゴニアンアウトフィッターズ(日本での取り扱いはトラウター/本社:東京都目黒区)が展開する「テントイン ポップアップトラッシュボックス」は本来はキャンプのテント内で使うゴミ箱だ。テント用ゆえ携帯性を考え、ベルトひとつで折りたたむことができ、ベルトをはずせば立体的に自立する。もちろんキャンプ以外のシーンでも活用できる。大きさは高さ27センチで容量約19リットルで、サイズ的にも手ごろだ。また内部には、ゴミ袋を固定するスナップボタンがある。したがってゴミ袋を2つセットすれば、ゴミの分別も可能となる。価格は3,520円(税込、全3色展開)。

 用途や好みに合わせてこれらのグッズを活用すれば、毎日の生活がより快適になりそうだ。

【関連記事】
「レジ袋有料化」を前にアイデア続々、「自治体指定ゴミ袋」をレジ袋として使う試みも
環境にやさしい非プラスチック製「ストロー」、木製やガラス製、ティファニーの金属製も
見た目にこだわったフタ付き「ゴミ箱」、無印ファンにも好まれそうな3商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5