MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井不動産、コロナにも配慮した新オフィス「田町 M-SQUARE Garden」を着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/03 10:00

 三井不動産は、多様な働き方を提案する、最新の環境配慮型オフィス「田町 M-SQUARE Garden」を着工した。竣工は2022年10月の予定だ。

 敷地の約3割、約500平方メートルの緑豊かな屋外広場や開放的な共用ラウンジなど、快適で多様な働き方ができる場を提供するほか、環境負荷を低減する省エネ・創エネ施策に加えて、With/Afterコロナ時代に向けた非接触式エレベーター、高性能フィルター等の最新技術を導入し、安心・安全なオフィス空間を整備している。

 このビルは、同社オフィスビルとしてはじめてZEB Ready認証を取得。ZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)は「快適な室内環境を実現しながら、建物で消費するエネルギーをゼロにすることを目指した建物」のことで、ZEB Readyは、ZEBを見据えた先進建築物として、外皮の高断熱化および高効率な省エネルギー設備を備えた建築物であり、再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から50%以上の一次エネルギー消費量削減に適合した建築物と定義される。

 同社はオフィスビル事業における新たな価値提供を通して、SDGsの達成やESG課題の解決を推進するとしている。

【関連記事】
マネーフォワードがツクルバと業務提携、不動産領域に参入
三井不動産、中国で開業するグループ初の海外駅ビル商業施設の名称とロゴを発表
「シティタワー武蔵小山」竣工、契約者は品川・目黒在住者が多い傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5