MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ソニー銀行、消費者セグメンテーションツール「Experian Mosaic」を採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/19 08:00

 ソニー銀行は、エクスペリアンジャパンが提供する消費者セグメンテーションツールである「Experian Mosaic Japan(以下、Mosaic)」を採用した。

 「ソニー銀行」というブランド自体は一定の認知が得られている反面、実際のサービスの点では他のインターネット銀行に比べてまだまだその特徴が理解されていないという課題を抱えていことから、同行では鉄道の車内吊り広告などの交通広告の活用を決定したが、限られた広告費の配分の最適化と費用対効果の最大化を実現するために、適確な広告の出稿路線や駅を判断する必要があった。

 今回導入した「Mosaic」は日本全国の地域を町や丁目レベルで14の大分類グループ(A~N)・52タイプ・220セグメントに分類でき、家族構成や年収レベル、居住状況、オンラインリテラシーや自動車の所有状況など、多彩なライフスタイル情報が住民のペルソナとして詳細に把握できる。

 同行では、対象となる首都圏のエリアの地図データにMosaicの大分類の住所分布をジオデモグラフィック分析手法(地理学的人口統計属性分析手法)によって首都圏の地図と重ね合わせることで、どの地域にどういった属性の人が多く住んでいるかの詳細な可視化を実現し、想定外のエリアにも見込み客が分布していることが明らかになった。

【関連記事】
ソニー銀行、振り込み手数料を引き下げ
ソニー銀行とマネックス・アセットマネジメント、投資一任運用サービスで協業
デジタルバンク「みんなの銀行」、個人顧客向けサービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5