MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

シヤチハタ、NFTを活用した電子印鑑を共同開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/19 10:00

 シヤチハタは、ケンタウロスワークス、早稲田リーガルコモンズ法律事務所とブロックチェーンを利用した電子印鑑システム「NFT印鑑」を共同開発することで合意した。

 NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)とは、「偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」のこと。「NFT印鑑」は、印影データをNFT(Non-Fungible Token)化することで実現する、唯一無二の固有性を持った電子印鑑。利用者情報と電子印鑑を結び付けることで、本人の識別や証明ができるだけでなく、プロセスを変えずにデジタル化することを可能にする。

 Japan Contents Blockchain Initiative(JCBI)が運営管理する自立分散型で高い信頼性が担保されたコンソーシアムチェーンによって、高度なセキュリティに配慮しつつ信頼性を確保している。今後はさまざまな電子契約プラットフォーム間で利用できるよう拡張していく。

【関連記事】
シヤチハタ、フローは変えずにデジタル化する電子決裁「Shachihata Cloud Business」
「電子実印」サービス終了、パブリックイーサリアムブロックチェーン記録時のトランザクション費用の高騰で
弁護士ドットコムとLayerXが業務提携、紙と印鑑を使わない電子契約サービスでDXを推進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5