MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

首都圏人気駅トップ3は「辻堂駅」「流山おおたかの森駅」「浦和駅」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/23 10:00

 住宅・不動産専門サイトを運営するオウチーノは、2021年1月-7月の期間、および前年同期間(2020年1月-7月)における「オウチーノ」サイトへのアクセス数を集計し、両期間の首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)人気駅ランキングを発表した。

 コロナ禍2年目となる2021年1月-7月の期間における首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の人気駅ランキングは、第1位が「辻堂駅(神奈川県)」、第2位が「流山おおたかの森駅(千葉県)」、第3位が「浦和駅(埼玉県)」となり、自然と便利さを兼ね備えた郊外エリアの街が人気を集めているようだ。

 前年同期間から変わらず第1位の「辻堂駅」は、近年の再開発により商業施設などが充実し、子育て世帯など若いファミリー層からも支持されている模様。コロナ禍におけるリモートワークの普及や長期化に伴い、都心までの通勤時間などが解消されたことも、引き続き高い人気を誇る理由の1つとして考えられる。

 第2位の「流山おおたかの森駅」は、前回の調査時(2020年1月-7月)より1つ順位がアップした。つくばエクスプレスの開通後、秋葉原など都心へのアクセスも良く、駅周辺には複数の大型商業施設がある他、子育てに関する支援やサービスが充実しているなどの理由から、ファミリー層を中心に人気が高まっているようだ。

 第3位の「浦和駅」は、新宿や東京駅などの主要駅へ乗り換えなしでアクセスできる他、商業施設や商店街も充実していることから生活の利便性が高く、さらには学校も多いといった魅力もあり、引き続きランキングのトップ3に入った。

 人気駅のランキング結果を10位まで見てみると、都内の駅が多く名を連ねていた2020年の結果に比べ、2021年は郊外エリアや、再開発が進んでいる駅などが人気を集めている。

【調査概要】
調査方法:「オウチーノ」サイトのデータベースを基に、各駅ページのアクセス数が多い順にランキング
調査期間: 2021年1月-7月、及び2020年1月-7月
調査エリア:首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)

【関連記事】
首都圏マンション購入検討者で「都心回帰」、コロナで「住んでいる街が良いと思うようになった」7割
コロナ禍で戸建ての人気が高まる 住みたい住宅「戸建て」63%、「マンション」36%
マンションブランド認知率1位は「ライオンズマンション」、最も住んでみたいのは「プラウド」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5