MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ミンカブ、アグリゲーターやAIアドバイザーを含む資産形成管理ツールをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/31 09:00

 ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、ミンカブ)は、資産形成管理ツール「MINKABU ASSET PLANNER(みんかぶアセットプランナー)」(以下、アセプラ)のサービスを正式に開始した。

 資産形成情報メディア「MINKABU」の初のサブスクリプション型モデルとなるアセプラは、資産形成層が運用を管理できるサービス。主に以下の5つの機能で構成され、資産増減やポートフォリオの管理・分析、達成目標とする金額に対する資産管理と運用サポートができる.

・アグリゲーター:口座一括管理機能
・AIアドバイザー:運用資産最適化サジェスト機能
・コンシェルジュ:資産形成状況レポート機能
・マガジン:資産形成トレンド情報
・ペルソナチャート:ベンチマークとの比較機能(2022年提供予定)

 複数の証券会社や「Moneytree」のログインIDを連携し、様々な証券会社や銀行の口座情報や電子マネー等の資産情報とも連携することが可能。取引履歴データを連携可能な証券会社(日本株現物、信用取引)は、auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券。

 口座残高データを連携可能な証券会社(「Moneytree」対応口座)は、WealthNavi、auカブコム証券、SMBC日興証券、SBI証券、SBIネオトレード証券、SBIネオモバイル証券、SBIベネフィット・システムズ確定拠出年金、岡三オンライン証券、オリックス生命、GMOクリック証券、荘銀投信ダイレクト、セゾン投信、損保ジャパンDC証券確定拠出年金、大和証券、THEO、日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー確定拠出年金、日本レコード・キーピング・ネットワーク確定拠出年金、野村證券、北都投信ダイレクト、松井証券、マネックス証券、みずほ証券ネット倶楽部、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、よこしん投信(横浜信用金庫)、楽天証券。

 その他、銀行口座残高・電子マネー等の資産も連携している。また、ユーザーがSBI証券口座のみを連携する場合は、無料版機能(口座一括管理機能(アグリゲーター)でのSBI証券への口座連携、資産形成状況レポート(コンシェルジュ)での簡易版レポート)を提供する。

 すべての機能を利用するには、月額会員サービス「みんかぶプレミアム」(税込990円)に加入する必要がある(初回30日は無料で利用できる)。

【関連記事】
日本経済新聞社とQUICK、ミンカブと業務資本提携、総額35億円出資
ミンカブ、「Kabutan(株探)米国株」を6月に提供
先物・オプション情報サイト「みんかぶ先物」オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5