MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井物産デジタル・アセットマネジメント、プロ投資家向けに不動産ファンド案件をオンライン提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/01 08:00

 三井物産デジタル・アセットマネジメントは、2021年8月13日付で、第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資運用業の登録を完了した。証券会社・運用会社としての業登録を完了したことで、同社は優良実物資産のデジタル証券ファンドのSPAモデル(組成・運用・販売までを垂直統合させることでムダを省き、顧客のニーズに迅速に対応できるビジネスモデル)を追求する金融サービス会社として、営業開始準備を進める。

 2021年秋には、不動産等のファンド案件をオンライン提供するプロ投資家限定サービス「ALTERNA」のリリースを予定している。「ALTERNA」は、プロ投資家がオンラインで優良な非上場の実物資産の証券化商品にアクセスできることを目指して開発されており、サービスを通じた案件情報提供だけでなく、より投資を検討しやすいUXを提供する。

 また、個人投資家向けデジタル証券ファンドの組成準備を進める。2021年8月30日現在、デジタル証券ファンドのために同社提携企業でブリッジ中のパイプライン案件(クロージング中のものを含む)は約190億円に上る。今後、当該物件も含めた様々な優良実物資産を、デジタル証券を通じて提供することで、営業開始後3年以内に1,000億円以上の運用残高を目指す。

【関連記事】
三井物産デジタル・アセットマネジメントが「デジタル証券プロジェクト」、投資対象は「六甲アイランドDC」
不動産テック市場規模、2025年度に1兆2461億円に拡大
三井不動産リアルティ、土地所有者と事業者をつなぐ土地活用サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5