MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

テレワーク、約8割が「健康面の変化あり」 運動不足解消の対策は「散歩」が最多

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/04 11:00

 RIZAP株式会社は、企業の健康管理担当者167名を対象に「テレワーク中の従業員の不調と対策アンケート」を実施し、その結果を7月2日に発表した。調査期間は6月2日から14日。

 テレワークの導入について聞くと、テレワークを実施している企業は83.8%だった。テレワークを導入していない理由には、「医療機関のため」「製造業のため」「個人情報を扱うため、特殊なテレワーク環境が必要となる」「自家用車通勤者が大半を占めるため」などがあり、中には「テレワークに対して異議を唱える人がいる」という理由もあった。

 テレワーク実施企業の担当者140名に健康面の変化について聞くと、82.1%が「ある」と回答した。その内容を複数回答で聞くと、最も多かったのは「運動不足を実感している」の78.6%で、「メンタル不調者が増えている」が22.1%、「体調面の不調者が増えている」が20.0%で続いた。

 運動不足に対する各社の対策を複数回答で聞くと、「社内向けに運動や健康に関する情報を発信」が37.1%で最も多く、「外部の講師による運動機会やセミナーを提供」(11.4%)と「社内独自で運動機会を企画実施している」(10.0%)が続いた。「特に対策をしていない」は47.9%だった。

 テレワーク手当について聞く(N=149名)と、「5,000円以下」が24.8%、「5,001円~1万円以下」が3.4%、「1万1円~2万円以下」が1.3%で、「支給していない」は70.5%だった。テレワーク手当の用途を複数回答で聞く(N=44名)と、「通信費(Wi-Fiなど)」(24名)と「水光熱費」(23名)が多く、「健康アイテム」(2名)はわずかだった。

 一方、株式会社LASSICは、テレワークとリモートワークの経験がある20歳から65歳のワーキングパーソン男女1,077名を対象に「テレワーカーの運動不足解消法に関するアンケート調査」を実施し、その結果を8月18日に発表した。調査期間は2020年9月1日から4日。

 テレワークによる運動不足を解消するため、実施していることを複数回答で聞いた。最も多かったのは「散歩」で、男性が47.31%、女性が39.31%を占めた。次いで多かったのは「自宅で筋トレ」で、男性が25.09%、女性が27.94%だった。

 男女別で比較すると、「ランニング」は男性が19.53%だったのに対して女性が11.37%、「サイクリング」は男性が12.37%だったのに対して女性が4.43%で、男性の方が多かった。他方、「ヨガ」は女性が11.18%だったのに対して男性が1.25%で、女性が圧倒的に多かった。なお、「運動は何もしていない」は男性が22.94%、女性が30.64%だった。

 テレワークによって多くの人が運動不足などの健康面の変化を感じており、散歩や筋トレ、ランニングなどの対策を実施している人も多いようだ。

【関連記事】
テレワーク、手当を支給する企業は約3割 家計で増えた支出は電気代、減った支出は交通費
7割の世帯で電気の使用が増加、新電力切り替え満足度1位は「楽天でんき」
テレワーク、働き手の課題は自己管理と環境整備、企業は「コミュニケーション不足」を実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5