MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

車の維持費、平均額は月1万1,700円 負担を感じるのは「自動車税」「車検・点検費」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/04 13:00

 ソニー損害保険株式会社は、自家用車を所有し、月に1回以上車を運転する18歳から59歳の男女1,000名を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施し、その結果を8月24日に発表した。調査期間は7月5日から8日。

 1カ月あたりの車の維持費(保険料、ガソリン代・燃料代、駐車場代、修理代等で、税金、ローン返済、有料道路通行料は除く)を聞くと、「5,000円未満」(22.6%)、「5,000円~1万円未満」(33.0%)、「1万円~1万5,000円未満」(18.9%)などの回答が多く、平均額は1万1,700円だった。タイプ別の平均額は、軽自動車が9,500円、コンパクトカーが1万1,300円、ミニバンが1万4,400円、セダンが1万5,600円などとなった。

 車の諸経費で負担に感じるものを聞いたところ、「自動車税」(68.6%)、「車検・点検費」(62.6%)、「ガソリン代・燃料代」(54.0%)、「自動車保険料」(50.9%)、「駐車場代」(24.0%)、「修理代」(21.4%)の順で多かった。

 ガソリン代・燃料代を節約するために行っていることを聞くと、「セルフ式ガソリンスタンドで給油する」(39.6%)、「適度にエンジンオイルを交換する」(39.4%)、「急発進・急停車をしない」(32.1%)、「定期的にタイヤの空気圧を点検する」(31.7%)、「無駄なアイドリングをしない」(24.0%)などが多かった。

 一方、ナイル株式会社は3月5日から17日にかけて、全国の男女を対象に「固定費についての意識調査」を実施した。

 固定費の見直しをした377名に、車関連でどんな費用を見直したか聞くと、「任意保険料」が67.8%で最も多く、以下、「車検費用」が43.9%、「自動車税」が29.8%、「駐車場代」が17.0%、「自動車ローン」が10.5%で続いた。

 実際に見直しをして、どの程度の変化があったか聞くと、任意保険料を見直した人では30%以上が「0円~1,100円」減ったと回答。そのほかでは、車検費用を見直した人では「1万円~2万円未満」減ったが22%で、「2万円~10万円未満」減ったが18%。

 自動車ローンを見直した人では「2,000円~5,000円未満」減ったが33.3%で、「1万円~2万円未満」減ったが26.7%。駐車場代を見直した人では「3,000円~4,000円未満」減ったが29.2%で最多となった。

 マイカー所有者にとって維持費の負担は大きく、見直しの結果、固定費の削減に成功している人もいるようだ。

【関連記事】
車の諸経費で負担に感じるもの1位は「自動車税」、「ガソリン代・燃料代」は50.9%
若者のクルマ離れ「興味・関心がない」39.2%、東京以外の移動手段は「自転車」が最多
中古車市場、昨年は駆け込み需要で活性化も、5月の登録台数は前年比20.8%減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5