MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

LINEポケットマネー、サービス開始2年で累計申込件数が70万件を突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/07 19:00

 LINE Creditが提供するスマホ少額融資サービス「LINEポケットマネー」は、サービス開始2年で、累計申込件数が70万件を突破した。また24ヶ月連続で残高が伸長し、累計貸付実行額は300億円を突破した。

 「LINEポケットマネー」は、LINEプラットフォーム上での行動データから算出される「LINEスコア」に従来の信用情報を加味した独自の与信モデルで、契約金額の大小に関わらず適切に条件を提示する。また、肩書などの属性情報だけに捉われない与信と独自の商品性により、「多様な働き方をする個人」に寄り添うサービスを目指している。

 こうした取り組みがユーザーに評価され、累計申込件数は2021年7月時点で70万件を突破した。加えて、2019年8月のサービスローンチ以来24ヶ月連続で貸付残高が伸長。累計貸付実行額は300億円を突破した。

 サービスの特徴として、1回の借入金額が3万円未満が70%(*1)以上、任意で返済する随時返済金額が84%(*2)と、少額でこまめに借入・返済する利用者が多く、LINEからいつでも返せる点や少額から利用できる点が好評を得た。コロナ禍でのECの拡大や消費行動の変化から、「今買って、あとで払う」といったBNPL(Buy Now, Pay Later)やスマホ融資サービスなどの「Credit Tech」を基盤としたサービスの拡大が伺える。

*1:2021年1月1日〜2021年7月31日に実行した借入を対象
*2:2019年8月29日〜2021年7月31日に取引された返済金額を対象に集計

 またLINE Creditは、属性データにLINE内の行動データを加味した与信審査を継続して行っている。LINEにおける友だち数の増減など、属性や金融関連という既存の情報に囚われない幅広いデータを活用することで、柔軟な与信が可能だ。

 同社は引き続き、非金融領域での行動データを基にした信用評価に注力し、より一層個人に寄り添えるフェアな生活金融サービスの展開を目指していくとのこと。

【関連記事】
GMOあおぞらネット銀行、10万円の融資枠を法人口座に標準装備した少額融資サービス
ドコモ、ユーザーの個人スコアを活用した融資プラットフォームを金融機関に提供
アルトア、オンライン融資サービスに「eKYC」導入、初回から即日融資が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5