MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

東急リバブルの「スピードAI査定」、マンション賃料査定機能を追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/10 18:00

 東急リバブルが自社ホームページ上で展開している『スピードAI査定』機能において、従来のマンション・一戸建・土地の売却査定に加え、9月8日(水)より区分所有マンションの賃料査定が可能となった。

 『スピードAI査定』は不動産所有者の「将来の住み替えや急な転勤等に備えて売却価格を知りたい」というニーズに対応するため、2020年10月にホームページ上に導入された。マンションの査定価格を瞬時に算出することができ、2021年7月には、対象不動産を一戸建・土地にも拡大。不動産の売却を検討する顧客に利用されてきた。

 今回はさらに、「転勤の間だけ貸したい」「相続したが、しばらく住む予定がないため有効活用したい」「価格次第では賃貸に出したい」等の理由で所有不動産の賃貸を検討している利用者にも活用できるよう、賃料査定も可能となった。(※1)

 売却査定・賃料査定の結果はワンクリックで切り替え表示が可能なため(下図)、利用者は「売る」・「貸す」の両面から検討することができる。(※2)

  • ※1 東急リバブル営業エリア内限定。実際に売却・賃貸を希望する場合は、営業担当者が訪問後、詳細な査定価格・賃料を算出する。
  • ※2 売却査定・賃料査定結果の切り替え表示は登録時に「検討状況」の項目で「貸したい」もしくは売る・貸す「どちらか 検討中」を選択した場合に表示される。

【関連記事】
野村不動産HD、AI搭載の不動産管理プラットフォームを開発・運営するTHIRDに出資
不動産テック市場規模、2025年度に1兆2461億円に拡大
三井不動産リアルティ、土地所有者と事業者をつなぐ土地活用サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5