MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

SBI証券とNECが共同で高度化が進むインサイダー取引の審査にAIを導入、国内初

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/15 18:00

 SBI証券は日本電気と共同で、国内で初めて(※1)インサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度から運用を開始する予定だと発表した。2020年度から実証を行ってきたが、判定理由を明示しつつ高精度なインサイダー取引疑い度合いのスコアリングを実現し、一次審査にかかる時間を約90%短縮できることを確認した。

 またNECは、今回の取り組みの成果・ノウハウを活かし、AIを活用して不公正な取引がないかの審査業務を支援するクラウドサービス「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」に、インサイダー取引に対応した新たなメニューを加えるとのこと。こちらは2022年度より提供を開始する予定だ。

 近年、金融サービスのデジタル化に伴い、不公正取引の手口が複雑化・巧妙化し、サービス提供者が行う不公正取引の監視業務にも負荷がかかっている。

 こうした中、SBI証券は2019年12月に「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」を導入して相場操縦取引への審査の高度化を進めるなど、デジタルトランスフォーメーションによる不公正取引の監視・防止を強化してきた。

 今回両社は、審査観点が多岐にわたり対象の絞り込みが難しく、審査に時間が掛かってしまっていたインサイダー取引にAIを活用することで、審査業務の更なる高度化・効率化に取り組む。

 具体的には、SBI証券が保有する数年分のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データ等を学習したAIモデルを生成し、インサイダー取引の疑い度合いをスコアリングすることで審査業務を支援する。AIには、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つであり、分析結果の根拠を可視化できる説明可能なAI「異種混合学習技術」(※2)を活用している。

(※1)2021年9月14日現在、NEC調べ。
(※2)異種混合学習技術:ビッグデータに混在するデータ同士の関連性から、多数の規則性を自動で発見し、分析するデータに応じて参照する規則を自動で切り替える技術。これにより、単一の規則性のみを発見し参照する従来の機械学習では分析が困難な、状況に応じて規則性が変化するデータでも、高精度な予測や異常検出が可能。

【関連記事】
住信SBIネット銀行と日立、AI審査サービスで合弁会社設立へ
東急リバブルの「スピードAI査定」、マンション賃料査定機能を追加
三菱UFJ信託銀行、AIを活用してデジタル本人確認を実現する「LIQUID eKYC」導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5