MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

事業用プリペイドカード『マネーフォワード ビジネスカード』が提供開始 最大5,000万円の決済可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/09/22 19:00

 マネーフォワードは9月22日より、多様な決済手段を通じて業務効率化・キャッシュレス化を促進する「マネーフォワード Pay for Business」サービスを開始。

 一取引あたり最大5,000万円(※1)の高額決済が可能な個人事業主・法人向けの事業用プリペイドカード『マネーフォワード ビジネスカード』(以下「本カード」)を提供する。

 同社はこのカードを通じて、事業に関する支払のキャッシュレス化を実現するとともに、『マネーフォワード クラウド』(※2)との連携により、リアルタイムでデータを取得し、会計業務の効率化を実現していくとのこと。

 『マネーフォワード ビジネスカード』は、商品の購入や支払を行うことができる事業用のプリペイドカード(※3)。与信審査不要でカードを発行することができるため、すぐに利用できる。そのため、創業初期の企業であっても、多額のサーバ料金等をカード決済することが可能。

 また独自の与信ロジックによって、最大月数億円規模の利用枠を提供する、事前チャージが不要な「後払い機能」をクローズドβ版として提供している。

 さらに同カードはリアルカードやバーチャルカード(※4)を原則何枚でも発行できるため、従業員ごとにカードを配布することで、経費支払の用途にも利用できる。

 またカードごとの決済上限額設定(カードコントロール機能)が可能なため、不正利用も防止することができる。その他決済金額の1〜3%(※5)を「マネーフォワードポイント」として還元(1ポイント1円相当)するため、コスト負担の軽減にも繋がっている。

 また今回はリリース記念として、2021年12月31日までに同カードに新規申し込みし、1枚目のカード発行手続きを完了した利用者に、「マネーフォワードポイント」3,000ポイントが贈られるキャンペーンも開催中。

  • ※1 事前審査に基づき登録された特定の加盟店における決済(例:クラウドシステム利用料等)に限り、一取引当たり最大5,000万円の決済が可能となる。初期設定は100万円、利用者による設定変更により500万円に変更可能。
  • ※2 『マネーフォワード クラウド会計』、『マネーフォワード クラウド確定申告』及び『マネーフォワード クラウド経費』を指す。
  • ※3 プリペイドカードは事前に現金をチャージすることで、商品の購入や支払に使えるカード。
  • ※4 バーチャルカードはプラスチックカードを発行せず、カード番号や有効期限など決済に必要な情報のみを使用する仮想カードのことを指す。リアルカードの追加発行には所定の手数料が発生する。
  • ※5 通常は決済金額の1%をポイントとして還元(一部対象外となる場合がある)。『マネーフォワード クラウド』および『マネーフォワード ME』においては、決済金額の3%をポイントとして還元する。

【関連記事】
オリコとKort Valuta、デジタル社員証とVisaプリペイドカード機能を組み合わせたアプリ提供
freeeと住信SBIネット銀行、他行を含めた複数の事業用口座の残高を一元管理できるサービス
マネーフォワードと三井住友カード、中小企業向けクレジットカードでキャッシュレス化を促進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5