MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三井住友海上、「cluster」を活用しメタバース内本社で内定式を開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/01 18:00

 メタバースを実現するバーチャルSNS「cluster」を運営するクラスターは、三井住友海上火災保険(以下「三井住友海上」)の2022年入社予定者向けの内定式を「cluster」で行うと発表した。

 これはコロナ禍で現実での式典実施が困難な中でも、内定者にリアルなバーチャル空間に参加してもらうことで、交流を深めたり、働く企業の雰囲気を掴めるように実施される式となる。

 メタバースとは多人数が参加でき、参加者がその中で自由に行動可能な通信ネットワーク上のバーチャル空間のこと。三井住友海上は今年4月にこのメタバースのSNS「cluster」で入社式を実施し、約220名の新入社員が全国各地からオンラインで式に参加した。

 この入社式が実際にオフィスに集まれない中、コミュニケーションを活性化する新たな試みとして好評を受けたことで、今回の内定式もバーチャル空間で実施されることとなった。

 内定者は3DCGで再現した本社ビルにアバターとして参加することで、入社する実感を「よりリアルに」得られるようになる。

cluster会場の様子

【関連記事】
オリエンタルランドは入場者数が2年連続で前年を上回る、バンダイナムコはVRで500億円台に
KDDIのイノベーションファンド、VR会議のシナモンに出資
空をテーマにした「VR」体験サービス続々 高所での窓掃除や鳥人間、ファーストクラスなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5