MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

20代会社員の3割が給料の前借りをしたいと思ったことがあると回答【給料の前借りに関するアンケート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/20 12:00

 SheepDogが運営する、ITツール比較サイト・ストラテは、2021年10月に『給料の前借りに関するアンケート』を行った。

 調査内容の概要は以下の通り。

質問:給料の前借り(給料日より前に給料を受け取ること)をしたいと思ったことはあるか

 20代の男女を対象とした「給料の前借り(給料日より前に給料を受け取ること)をしたいと思ったことはあるか」というアンケートで最も多かった回答は「前借りしたいと思ったことがない」で67.33%だった。

 「前借りしたいと思ったことがある(実際にはしたことがない)」との回答は27%で、「前借りをしたことがある」との回答は5.67%という結果となった。

 20代男女の3割ほどの方が、給料の前借りをしたいと思ったことがあると判明した。

20代会社員男性の約4割が給料の前借りをしたいと思ったことがある・実際にしたと回答 女性の約1.5倍

 前借りをしたいと思ったことがあると回答した20代男性は30.67%、20代女性は23.33%という結果になった。

 また、実際に前借りをしたことがあると回答した20代男性は8%、20代女性は3.33%という結果。20代男性のほうがいずれも割合が高く、20代女性の約1.5倍にのぼることがわかった。

契約・派遣社員で給料の前借りを実際にしたと回答した割合は正社員の約4.5倍

給料の前借りをしたことがあると回答した割合を業務形態別で見てみると、正社員は4.12%、一方契約社員・派遣社員は18.18%という結果となった。

主要都市の中で給料の前借りをしたいと思ったことがある・実際にしたと回答した割合が最も多いのは東京都で41.27%

 前借りをしたいと思ったことがある、または実際にしたと回答した割合は、東京都が最も多く合計41.27%、次いで愛知県の合計29.51%、宮城県が最も少なく、合計16.66%という結果となった。

 東京都は部屋の賃料や物価が他の都道府県と比べて高い傾向があることからか、このような結果となった。

【調査概要】
対象者:全国の20歳〜29歳の男女
サンプル数:300人
居住地:宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2021年10月11日
調査メディア: STRATE(ストラテ)

【関連記事】
楽天カード、お金が必要なときに給与を前払いで受け取れる新サービス
上場企業の平均年間給与は603万円、初めて前年度を下回る、トップはヒューリックの1708万円
伊藤忠商事、給与前払いサービス事業へ参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5