MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

在宅ワーク時などに活躍する「はんてん」 こだわりのデザインや再生素材使用の一品など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/07 11:00

 「はんてん」は、昔から人々に愛用されてきた伝統ある生活着だ。そんなはんてんが、防寒アイテムとして再評価されている。背景にあるのは、在宅時間の増加や在宅ワークといった生活様式の変化だ。換気によって室温が下がった時などにも、着脱しやすく、軽くて暖かく動きやすいはんてんは重宝する。そこで、こだわりのデザインや素材を使った商品をいくつかご紹介したい。

 「WEEKEND(ER)&Co.」が取り扱うのは、ミリタリー調デザインのはんてんだ。同商品は、ヘミングス(東京都渋谷区)が展開するブランド「DAN-TEN(暖纏・ダンテン)」シリーズのひとつで種類は3つ。いずれもデザインは、米軍のジャケットやパーカーのライナーを模している。このおしゃれなルックスとミリタリーウエアの持つ機能的な工夫により、室内はもちろん外出時のアウターとしての活用も可能となっている。価格は8,580円、7,920円、そして6,930円(各税込)となっている。

 「co:do(こどう)半纏 Japanese short coat」に使われる素材は、快適な着心地と環境への配慮を行っている。表地は適度な厚みと弾力で柔らかさと暖かさを提供する愛知県の繊維産地「尾州」の「毛七(けひち)」。裏地には、摩擦が生じにくい旭化成(本社:東京都千代田区)のキュプラ生地「ベンベルグ」が用いられており、袖通しもスムーズだ。そして両素材は、地球にやさしいリサイクル品で、毛七は尾州で古くから行われている羊毛再生から生まれたもので、ベンベルグはコットン由来の再生繊維。ともに今風の言葉ならサステナブルを感じさせる素材だ。また縫製や断裁面も、体の動きを考えて曲線パターンを採用するなどこだわっている。同商品を手がけたのはフレックスジャパン(本社:長野県千曲市)。価格3万5,200円(税込)。

 猫好き集団NECO LABO(運営は住コンサルティング/直方オフィス:福岡県直方市)と、宮田織物(本社:福岡県筑後市)によって共同開発された「ねん猫はんてん」にはネコが入るポケットが付いている。同商品の懐のポケットは前が二重になっており、愛猫をしっかりとホールドできる。しかもポケットはサイドポケットにつながっており、ネコが大好きなトンネル状態となっている。同商品を着用して在宅ワークに勤しめば、猫とともに暖かく過ごせそうだ。価格は2万9,800円(税込)。

 これからの季節、はんてんを着れば寒さを気にすることなく仕事や家事に集中できそうだ。

【関連記事】
年末に食べたい「にんにく加工品」、温かいゴハンに合わせたり、手軽にガーリックトーストも
手軽に「ショウガ」を取り入れられる一品 粉末やキャンディタイプ、ドライフルーツ風など
暖かさにこだわった「靴下」 総パイル製や保湿素材入り、重ね履きタイプなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5