MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

「興味がなく、住みたいと思わない」が最多【20~30代未婚女性のタワマン居住願望調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/09 19:00

 SheepDogが運営する、ITツール比較サイト・STRATE(ストラテ)は、2021年11月に『タワーマンションへの居住願望に関するアンケート』を行った。

 結果概要は以下の通り。

質問:タワーマンションへの興味関心・居住願望はありますか?

 質問に対しての回答選択肢は以下の通り。

  1. 興味がなく、住みたいと思わない
  2. 賃貸で住んでみたい
  3. 買って住みたい
  4. すでに住んでいる

 20〜30代の女性を対象とした「タワーマンションへの興味関心・居住願望はあるか」というアンケートで最も多かった回答は「興味がなく、住みたいと思わない」で42%だった。

 次いで多かったのが「賃貸で住んでみたい」36%、「買って住みたい」が14.67%、「すでに住んでいる」が7.33%で、20~30代未婚女性のタワーマンションに住みたいとの回答は全体の半数以上に及んだ。

年収500万円〜1000万円未満の中間層が最もタワーマンションへの居住願望がない

 タワーマンションへの居住願望がある人を年収別で見てみると、年収500万円未満で48.73%、年収500万円~1000万円未満の割合は44.13%、年収1000万円以上では58.81%という結果となった。

 年収500万円〜1000万円未満の中間層の割合が約45%となり、タワーマンションへの居住願望がない人が最も多いことが分かった。

主要都市の中でタワーマンションに住みたいと回答した割合が最も多いのは宮城県で60%

 タワーマンションに住みたいと回答した割合を主要都市別で見てみると、宮城県が最も高く60%、ついで大阪府の55.22%、福岡県は40.47%と最も低い割合となった。

 宮城県在住の回答者の60%が、タワーマンションに住みたいと思っているという結果となった。

【調査概要】
対象者:全国の20歳〜39歳の女性・未婚
サンプル数:300人
居住地:宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2021年11月2日
調査メディア:STRATE

【関連記事】
住宅リフォームの支出が増加、新型コロナ拡大で住まいのリフォームを決断【Houzz Japan調査】
不動産のオンライン内見、95.5%が「興味あり」 オンラインでの住まい探しは「事前準備が大事」
住まいの意向、一戸建て派61%、マンション派25% 購入時の年齢は「30代以下」が73.2%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5