MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ソニー銀行の預金残高、3兆円に到達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/15 18:00

 ソニー銀行は2021年9月末時点で、預金残高(円預金・外貨預金の合計)が3兆円に達したと発表した。

 ソニー銀行は2001年の開業当初から個人の利用者を対象に、円預金、外貨預金の取り扱いを開始している。円預金は資産形成の基本商品として満期日の設定や自動継続などが自由にアレンジできる機能を有し、外貨預金は市場レートと連動するリアルタイムレートを導入しているほか、「円」と同じように「外貨」を自由に使うことができる世界、「外貨ワールド」として外貨預金12通貨を取り扱っている。

 そのほか、Webで完結する外貨送金や外貨建ての投資信託など、利用者の利便性向上を意識したサービスを提供してきた。

 その中でも特に2016年1月より取り扱いを開始した日本円や米ドル、ユーロなど11通貨に対応したVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」では、国内の利用で最大2%のキャッシュバックを受け取れる。

 また、貯めた外貨を「外貨のまま」世界で使えるという点が評価され、これまで約81万枚を発行している(2021年9月末時点)。

 こうした取り組みが利用者から評価され、oricon ME が発表した「2021年 オリコン顧客満足度調査 外貨預金」などでは2年連続総合1位を獲得。預金残高が3兆円に達した。なお、口座数は163万件となっている。

【関連記事】
「ソニー銀行アプリ」のアクティブユーザーは30代・40代がメイン、外貨預金はどう活用してる?
外為どっとコム、新アプリ「外貨ネクストネオ GFX」をリリース チャートやプッシュ通知を強化
Visaプリペイドカード「バンドルカード」400万ダウンロード突破

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5