MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

機能性やデザイン性を高めた「ボールペン」 LED付きや静音設計、エコでおしゃれな1本など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/28 11:00

 暮らしの中で、誰もが日常的に利用する「ボールペン」。シーンや用途に合わせて機能性やデザイン性を高めた1本が販売されている。

 ゼブラ(本社:東京都新宿区)の「ライトライトα(アルファ)」はペン先にLEDライトを搭載し、暗い場所でも筆記ができる油性ボールペン。2018年に発売した「ライトライト」のアップデート版となる。同社の調査で医療、介護、建築、警備、宅配などで働く人の約4割は普段から暗いところで書くことがあると分かり、2018年にペン先に白いライトを搭載したボールペン「ライトライト」が発売された。前作との違いは、赤いLEDライト搭載タイプの追加と一部パーツを蛍光化した2点。赤いLEDライトは、通常の白色LEDライトに比べてまぶしさが軽減され、暗闇での長時間使用に最適となっている。またペン先ライト部と、ペンのノック部を蛍光パーツに変更しており、どこででもペンを探すことが容易となった。価格は660円(税込)。

 「Calme(カルム)」は静かに音を気にせず使える油性ボールペンだ。ぺんてる(本社:東京都中央区)の同商品は「自分も周りも、穏やかに心地よく」をコンセプトに、音が気になるシーンを考慮して静音設計が施されている。ボールペン使用時に発生するカチカチといった操作音は、従来品より66%ほど低減。また静音と同時にノック作動時に手に感じる衝撃も緩和されている。このボールペンなら静かな図書館などでも、周囲への音の心配もなくなり、自身が取り組む仕事など各種作業に集中できそうだ。価格は単色165円、3色440円、そして2色とシャープペンシルの組み合わせが550円(いずれも税込)。

 「PENON(ペノン)」は、地球環境を考えながらおしゃれな雰囲気も味わえるゲルインクボールペン。ペノンのペン本体とパッケージには、持続可能な森林の保護・育成をモットーに適正管理された森林から伐採された「森林認証」が与えられた木材や、森林認証の木材を原料とした紙が使用されている。また替え芯は無料回収によるリサイクルが行われている。デザインもファッショナブルで、ノック部に刺繍で世界の国旗などがあしらわれたものや、クリップ部がメガネやネクタイ風になったものがあり、洗練されている。書き心地にもこだわり、ペン先には滑らかに書けるセラミックボールを、インクには滲みにくく手に付きにくいゲルインクを採用しており、軽いタッチでもしっかり書くことができる。手がけたのはペノン(東京都港区)。価格はクリップ部の形状によって異なり、1,200円、1,300円、1,400円の3つ(全て税込)。

 機能性やデザイン性に優れたボールペン。これらのボールペンを使えば日々の作業も気分よく効率的に進められそうだ。

【関連記事】
「付せん」に便利なアイデアをプラス 日めくりカレンダーや捺印、クリアファイル用など
新たな視点から生まれた地図関連商品 地球の全体像がわかる地図や文房具、雑貨など
カラフルな色使いが特徴の商品あれこれ カラー畳や寝袋、文房具など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5