MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

ミサワホームグループ、不動産小口化商品第1弾「ミサワ スマート ファンド日暮里」の出資募集を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/06 18:00

 ミサワホームグループのミサワホーム不動産は、東京都荒川区のRC造5階建賃貸マンション「ミサワ スマート ファンド日暮里」の出資募集を開始した。この取り組みは、不動産特定共同事業法(以下、「不特法」)に基づく、1口数百万円からの少額投資で収益不動産を取得できる、不動産小口化商品「ミサワ スマート ファンド」の第1弾案件となる。

 近年の不動産投資市場では、金融緩和政策による低金利の影響もあり、法人や個人が収益不動産の1棟や1室を購入し自身で経営を行う実物不動産投資などが活発になっている。

 少額投資ができるため、不動産投資が初めての人も出資しやすくなっている。また、任意組合を組成し、ミサワホーム不動産が組合の理事長となって不動産の管理・運営を行うので、出資者は管理等の手間をかけずに投資できる。

 出資者は対象不動産の所有者(共有者)となるため、相続税評価でも現預金や有価証券と比べて資産圧縮効果が期待でき、相続時の分割もスムーズに行える。

「ミサワ スマート ファンド」スキーム図

(タップで画像拡大)
(タップで画像拡大)

商品概要

物件概要

物件外観・内観

物件所在地

【関連記事】
コロナ禍における不動産投資、6割が不安と回答【不動産投資に関する調査】
不動産投資を始めた目的は67.3%が「資産運用」 人気があるのは「ワンルーム区分マンション」
ブリッジ・シー・キャピタル、保育所の土地建物すべてを対象とするクラウドファンディングで4.5億円調達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5