MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

冬のボーナスは支給される? 中小企業/零細企業を対象に調査【2021年度冬のボーナス実態調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/07 18:00

 バックオフィス系業務をサポートする「フリーウェイシリーズ」を開発・提供するフリーウェイジャパンは、中小企業/零細企業の従業員248人、ならびに代表取締役79人を対象とした、2021年度の冬のボーナス支給に関する実態調査を実施。その結果を発表した。

 調査結果の概要は以下の通り。

調査結果サマリー

TOPICS.1 中小企業/零細企業の冬のボーナス 「支給されない」の回答が最多

  • 中小企業/零細企業のボーナス支給、「支給されなかった/支給される予定は無い」が48.4%で最多。昨年と比較して12.2ポイントの増加で、新型コロナウイルスによる業績悪化が継続
  • 支給額のボリュームゾーンは「10万円~30万円未満」と昨年から変化なし

TOPICS.2 冬のボーナス支給予定者、支給額に「納得している」が66.7%を占める

  • 冬のボーナス支給予定者、支給額に納得している人が多数
  • 冬のボーナスの使い道に関しては1位が「生活費」で40.7%、2位が「預金・貯金」の22.2%

 全体として、冬のボーナス支給を予定されている人は47.2%、支給予定額に納得している人が66.7%と言う結果となった。

TOPICS.3 来年度のボーナス支給、見通しが立っていない経営者が46.8%

  • 来年度のボーナス支給の見込みが立っていない経営者は46.8%
  • 上期から下期にかけて業績が上がったと回答した方は全体の29.1%
  • 来期の夏のボーナスに期待できないと回答した従業員は52.2%

 経営者に対して来年度の支給見込みについて聞いたところ、「立っていない」の回答が最多の46.8%。次いで「わからない」が35.5%、「立っている」の回答は最小の17.8%となった。業績は回復傾向にあるものの、来年度のボーナス支給の見込みが立っている経営者は17.8%にとどまる。

【調査概要】
調査タイトル:冬のボーナスに関する実態調査(フリーウェイジャパン調べ)
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:2021年 11月10日~11月21日
調査対象:中小企業/零細企業の従業員248人、代表取締役79人

【関連記事】
夏のボーナス、使い道は「貯金・預金」が1位 「株式」や「投資信託」など投資が増加傾向に
中小企業の8割が夏のボーナスを支給、うち「増額予定」は3割弱
予定が決められない夏休み、使うお金は2年連続最低を更新、ボーナスは「預貯金」へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5