MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

JR九州、PayPayのQRコード決済で購入可能な特急券の導入実験を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/12/14 19:00

 九州旅客鉄道株式会社(以下「JR九州」)とPayPayは、JR九州の一部区間の特急列車を対象として、PayPayのQRコード決済機能を活用した特急券の導入について実証実験を行うと発表した。サービス名称については、ホームページなどで今後発表される。

 JR九州はこの特急券の導入により、券売機や窓口に立ち寄る必要のない新しい購入方法を提供し、更なる利便性の確保を目指していく。

実証実験の概要

期間

 2022年1月7日(金)~2022年3月31日(木)

区間

 鹿児島本線 門司港・博多間および日豊本線 小倉・行橋間の在来線特急列車停車駅相互間

特急列車停車駅

 門司港、門司、小倉、戸畑、八幡、黒崎、折尾、赤間、東郷、福間、香椎、吉塚、博多、下曽根、行橋

本特急券の効力

  • 乗車券(ICカード乗車券を含む)と合わせて、設定区間の特急ソニック等の特急列車の普通車自由席に乗車できる。
  • 特急列車に乗車する駅の発車時刻の1時間前から発車時刻までに決済されたものに限り1回のみ有効。
  • 乗り越し等など、区間の変更はできない。乗り越しの場合は別に該当する特急券を購入する必要がある。

発売・使用方法

1.発売

 特急列車停車駅に、当駅発の特急料金が設定されたQRコードを掲出。利用者自身でPayPayアプリから決済を行う。

2.特急列車車内において

 係員がきっぷの確認に来た際に、PayPayアプリの「取引履歴」から当該特急券の決済画面を提示する。その場合、係員が内容を確認する。

3.その他

 有効期限は決済から2時間以内で未使用の場合のみ。なお、払いもどしはPayPayで行い、現金での取扱いは行わない。払いもどし手数料220円が必要となり。支払いはPayPayで決済する必要がある。

【関連記事】
JR東日本、混雑緩和に協力するとポイント付与
JR東日本、QRコードを使った改札機の実証実験、紙とスマホの使用感をチェック
JR東日本の自販機に「iD」「nanaco」など7つの決済手段を導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5