MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

マネックス証券、主要ネット証券初の決算速報サービス「米国株決算フラッシュ」の提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/01/13 18:00

 マネックス証券は、米国上場企業の7割を超す決算速報をグラフにし、市場予想と比較して配信するサービス、「米国株決算フラッシュ」の提供をアイフィスジャパンとともに開始した。

 7割を超す米国上場企業の決算結果をグラフにし、市場予想と比較して公表後数分以内で提供するのは、主要ネット証券で初めて。

 同サービスは米証券取引委員会を通して公表された「8-K」資料からHTML解析により売上高、純利益、1株当り利益等の決算数値を読み取るとともに、市場予想との比較も交えて決算を伝える自動生成ニュースを配信するもの。マネックス証券に外国株取引口座を保有する顧客が利用可能な、「マネックス銘柄スカウター 米国株」の機能の1つとして提供される。

 米国上場企業の公表数値を瞬時に読み取り決算速報を行うが、当該速報の中でグラフ等を交えつつ、情報判断の目安となる市場予想との比較まで言及しているところに独自性がある。同サービスの主な特長は以下の通り。

1.「8-K」公表後数分以内に日本語でニュースを配信

2.高度なHTML解析により7割を超す米国上場企業をカバー

 「8-K」は企業ごとにフォーマットが異なるため、決算数値の特定が非常に困難なケースが少なくないが、高度なマッピング技術の導入により、7割を超す企業の決算数値を載せたニュース生成を実現。

 さらにその他の企業についても決算等財務関連の開示があったことを知らせるニュースが生成されるので、「8-K」を開示するほぼすべての企業において何らかのニュースが配信される。

3.市場予想と比較し、グラフ、一言コメントで決算結果を可視化

 市場予想は信頼性の高いデータソースであるファクトセット社提供の「FactSetコンセンサス」を採用し、棒グラフで解りやすく、一言コメントも同時に掲載される。

4.ニュース元となる「8-K」の確認も可能

 配信される全てのニュースで、ニュース元となる8-Kを確認できる。

米国株決算フラッシュ画面イメージ

米国株決算フラッシュ画面イメージ

【関連記事】
ネットでの株式売買経験者の4割強、投資資金増加【ネット証券の利用に関する調査】
SBI証券、「コンタクトセンターサポート満足度調査」ネット証券部門の1位受賞
SBI証券、ネット証券としてはじめて日本銀行との当座預金取引を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5