MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

FXのリスクの考え方【その1】 
調子に乗って失敗すると再起不能

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/31 10:00

 レバレッジは、取引手法が、デイトレなのか、短期なのか、長期あるいは半永久的に保有するかで異なってくる。長期で持てば持つほど変動する不確定要素が強まるからレバレッジは低いほうがいいだろう。またデイトレや短期ならばレバレッジというよりもその日あるいはその取引期間に失いたく金額を証拠金として保有すればいい。結果的に高いレバレッジとなる。

 長期で金利差狙いなどの時は低いレバレッジで証拠金がなくならないようにすべきだろう。金利差狙いでは証拠金を失って元本が消滅すれば金利も受け取れなくなって元も子もなくなる。レバレッジは2~3倍程度でいいだろう。

 どの通貨もその価値が一気に2分の1、3分の1になることはないからだ。スワップ金利が証拠金として増加すればさらに低レバレッジとなり想定元本を失う可能性は極めて低くなり、長期的に金利を受け取ることができる。

 レバレッジが高ければ小さな変動で差損を被り証拠金を失う確率が高くなる。一方差益となればその益は膨大なものとなる魅力がある。レバレッジが低ければ証拠金をすべて失わずに長期的に想定元本を保有できるが、儲かった場合はレバレッジの高いものには及ばない。レバレッジの高さを自己資金と照らし合わせて適度なところに決めるのも相場観と同様に重要なマネーマネージメントの1つだ。

マージンコールとロスカットルール

 外国為替証拠金業者には証拠金が減少して元本を為替差損で保持できなくなる相場水準に近づけば、それを電話やメールで知らせてくれる。それをマージンコールと呼ぶ。その時に顧客は証拠金の増額をすることもできるし、損切ってその取引を終了させることもできる。

 またそういうマージンコールを行わず証拠金が元本を維持する水準を下回れば自動的に損切り(ロスカット)を執行する方式をとる業者もいる。業者側がマージンコールをする手間を省いたものなので顧客自身がウォッチしなければならない。

 また業者側が証拠金不足になる時に損切りする方式とは別に、顧客自らあるレベルを決めて証拠金が十分あるにもかかわらず損失限定の取引=ロスカットすることも可能だ。それをロスカットオーダーあるいはストップロスオーダーと言う。

 またオーダーを出さずにある一定の水準を決めて業者から自動メールなどを受け取り、受け取った時点で自分で損切り(あるいは利食いも)するシステムができる業者もある(アラートメールなどと呼ばれている)。

最後に注意点

 マーケットレートが一方向にかつ急激に変動した場合、顧客が指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図していない損失を被ることがある。

 証拠金不足を防ぐための業者設定のロスカットについても同様に相場の急激な変動や評価対象データの量などの影響により、ロスカット判定のための評価や反対売買の執行に遅延が生じ、その結果として預け入れ資産以上の損失を被る可能性があることも理解していただきたい。

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 野村 雅道(ノムラ マサミチ)

    1979年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1982年ニューヨーク支店にて国際投資業務、外貨資金業務、外国為替業務に携わる。1985年帰国後、本店にて外国為替チーフディーラーとして活躍。1987年ファーストシカゴ銀行へ転出、スイス銀行を経てBNPパリバ銀行外国為替部市場部長。東京外国為替市場の中心として活躍した。現在は、FX湘南投資グループ代表(FSIG)ならびに専修大学、中京大学講師。テレビ、ラジオ、新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。著書に『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 』(講談社+α新書)など。執筆中のブログ「ID為替研究所」「ID為替レポート」「野村雅道と楽しい投資仲間達」も人気。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5