MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

三十路過ぎると女は投資に走る!? 
普通のOLがFXに目覚めるまで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/11 10:00

 結婚、物価高、老後…。これまであたりまえだった安心が、あたりまえでなくなった現代。バリバリと働くOLだった岩崎さんは、リストラの憂き目にあいながらも、知識ゼロから「投資」で危機を乗り切りました。リアルな体験談と、投資の基本の「キ」を分かりやすくお届けします。

三十路OLを取り巻く不安、見事的中

 初めまして、岩崎かおるです。昨年の7月まで普通のOLだった私が、なぜ、投資に目覚めたのか。難しくなりがちな「投資」。なかでもFXについて、お金に関する知識ゼロから出発した私が、分かりやすくお伝えしていこうと思います。よろしくお願いします。

 まずは、自己紹介から。都内在住。とあるIT企業をリストラされた元OLです。OL時代は、管理系で一応プロジェクトを任されたりしてバリバリと働いておりました。でも、会社の業績は悪くなる一方。しかも、いくら頑張っても自分が求める額のお給料がもらえない。あるいは、これ以上お給料は上がらないかも、と考える日々が続きました。

 冷静に考えてみても、企業としては、年増な女子社員よりも、若くてピチピチしててお給料が安い女子社員にシフトしたくなるのは分かります。朝早く起きて出勤。終電で帰る毎日。将来の私ってどうなるんだろう、と不安でした。

 三十路過ぎると、周りの友達はバタバタと結婚してしまい、さらに不安全開でした。一生結婚しなかったらどうしよう。女1人で生きていくには厳しい世の中よね。しかも、老後は年金ももらえないかもしれない。最後は「孤独死」だったりして。不安が不安を呼んで、三十路女の妄想が頭の中をグルグルと回っていました。

 せつない…。

こつこつ節約なんて…の矢先に「投資」との出会い

  さらに、原油高により小麦粉やコーヒー、コンビニのあらゆるモノの値段が10%も値上がりしてるではありませんか。

 「節約」「こつこつ貯金」も考えましたが、いくら、節約しても限界があると思いました。家計簿だってろくに続かないのに、今更、こつこつ節約なんて…。

 そんな中、偶然にも、知り合いに投資をしている人を発見しました。千載一隅のチャンスとばかりに、いろいろと聞いてみました。直接的な投資手法について聞いたわけではありませんが、お金に関する考え方、投資家としての思想などを教わった気がします。

 それはつまり、「お金に働いてもらう」という考え方。不労所得を得るということ。す、素晴らしい! それまでは、株は「ギャンブル」だと思っていましたから。

 何でも、やってみて覚えるタイプの私は、思い切って投資をすることにしました。最初は、FXから始めてみました。損しても、勉強代だと思えばいいや、くらいの心構えでいたんです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岩崎 かおる(イワサキ カオル)

    ファイナンシャルプランナー。ベンチャーIT企業をリストラされた元OL。今の時代、こつこつ貯金だけでは、お金を殖やせないと思い立ち投資の世界へ、お金に関する知識ゼロから出発。米株・韓国株・投資信託・FXと広く分散投資中。投資歴わずか1年で資産2倍を達成した。投資スタイルは「中・長期投資」のファンダメンタル重視派。2007年11月に「がっちり儲けるFX」にて寄稿している。
    またこれからの日本人には、お金に関する知識が必要だと考え、ファイナンシャルインテリジェンスを日本中に広めるため、セミナーも開催している。「岩崎かおるのふえふえ投資日記」は毎日更新している。2008年7月に株式会社スカイミントを設立。まったく新しいアフィリエイトサービス「ペタペタ」を運営中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5