MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

IPOで注目の「セブン銀行」は買うべきか、買わないべきか

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/18 16:00

 IPO投資は、株式投資の醍醐味を感じることができる投資法です。2008年のIPO第1号は初値が、公募価格(18.5万円)比 2.3倍の43万円と、IPO 全盛期を彷彿させる好発進となりました。そして2月は「セブン銀行」というIPOの目玉の登場を控えています。(バックナンバーはこちら)

2008年IPOが開幕!

 こんにちは、フィスコの岡村です。
 今年のIPOは2月1日に開幕しました。開幕第1号は、マザーズに上場したデジタルハーツ(3620)。日ハム期待の新人「中田翔」選手の場外ホームランはもの凄い当たりでしたが、こちらIPOでも第1号はド派手なアーチを描きました。初値は、公募価格(18.5万円)比 2.3倍の43万円と、IPO 全盛期を彷彿させる好発進となっています。

 この勢いを、今年1年維持できれば良いのですが…。ひとまず、2月20日以降に予定されているIPOの一覧は以下の通りになります。

2月IPOカレンダー
18日(月) 19日(火) 20日(水) 21日(木) 22日(金)
    インサイト
(2172・札ア)
公募価格1000円
   
25日(月) 26日(火) 27日(水) 28日(木) 29日(金)
  大西電気
(3095・JQ)
公募価格1000円  
モリモト
(8899・東証)
想定価格4000円  
  博展(2173・HC)
想定価格9.5万円
セブン銀行
(8410・JQ)
想定価格14万円

2月IPOの目玉は「セブン銀行」

 2月IPOは残すところ、5銘柄。

 その中でも、注目度ナンバーワンなのが、29日にジャスダックへ上場予定のセブン銀行(8410)です。8日よりブックビルディングはスタートしましたが、開始初日から需要申告は順調に集まっているといいます。

 なかには、1件で100株(1株単位14万円なので、1400万円相当)を超えるような大口需要も入っていると観測されました。ちなみに、ブックビルディングの締切りは「2月20日の午前中」です。

 セブン銀行は、ATM事業に特化した極めて珍しい銀行ビジネスを展開しています。セブン&アイホールディングスの子会社で、セブンイレブンなどにATMを設置し、急速に成長して上場にこぎつけました。同行は、原則的には24時間365日利用可能なATMサービスを提供しており、皆さんも一度ならず利用したことがあるのではないでしょうか?

 セブン銀行の面白いところは、このIPOで調達する資金の使い途です。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5