MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

CIJ社の株主優待は四万十川特産品
「最後の清流」で育まれた四万十グルメを食卓に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/04/14 09:00

銘柄を選ぶ選択肢の1つとして、株主優待を加えてみては? Moneyzine編集部による株主優待セレクション、今回は四万十川の特産品を紹介する。

四万十川の特産品をご賞味あれ

ぎっしりと詰められた四万十川の特産品
ぎっしりと詰められた四万十川の特産品

 川のり、ゆずみそ、青さのりのスープ、ふりかけ、うどん、しょうゆ…、これらはみんな、四国にある四万十川の特産品だ。四万十川といえば、「日本最後の清流」ともいわれ、その水の清らかさは有名である。そこでとれる青さのりや、地下水をつかったおしょうゆは、地元の人が自慢する絶品。食卓に並んだらご飯が進むこと請け合いで、ますます毎日のご飯が楽しくなるはずである。

ここだけは! 優待制度のチェックポイント

 これらの品を株主優待として贈呈してくれるのが、株式会社CIJ。品物の詰め合わせは、所有株式数で異なる。

所有株式数 贈呈品
100株以上~300株未満 四万十川・自然味しょうゆ(350円相当)
300株以上~500株未満 四万十川・自然味しょうゆ、醸造酢(550円相当)
500株以上~1,000株未満 四万十川の特産品(1,000円相当)
1,000株以上~5,000株未満 四万十川の特産品(2,000円相当)
5,000株以上~10,000株未満 四万十川の特産品(3,000円相当)
10,000株以上 四万十川の特産品(4,000円相当)

 さらに、下記のポイントに注意すること。

 

12月31日時点で株式を100株以上所有している(株主名簿に記載されている)こと。

●中間決算発表後に株主通信と同封で届く「優待品申込はがき」で申し込むこと。申し込みには締め切りがある。

●株価(掲載日2008年4月14日現在)は400円程度で、100株を1単元としているので、購入して株主優待となるのに、最低400円×100株=40,000円程度はかかること。

担当者に聞く! 株主優待セレクト裏舞台

 それにしてもIT関係の会社であるCIJと四万十川は、不思議な組み合わせ。どうしてこの品物を株主優待に選んだのか。

「実は当社の会長が四国出身でして、出身地の美味しいものを株主様に召し上がっていただきたいという想いから、今の優待品を選んだものです。株主様の評判は良く『おいしかった』『優待品を楽しみにしています』などのお声をいただいております」(CIJ社のIR担当 圓谷(つぶらや)さん)。

 次は気になるCIJ社の会社情報について、もっと詳しくて見ていこう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5