MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

選手だけじゃなくスポンサーにも注目!
2008年北京【五輪銘柄】完全ガイド

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/04/18 21:30

不穏な空気も漂いつつある北京オリンピック。開催まで4ヶ月を切り、日本でも各競技の代表選手が決まりつつあるが、果たしてどうなることやら……。今回は、そんなビミョーではあるが開催が近づき盛り上がりつつある北京オリンピックを睨み、「五輪銘柄」について考えてみたい。

北京五輪のワールドワードスポンサーではパナソニックに注目

 まず、北京オリンピックの公式スポンサーについて。ワールドワイドスポンサー(ワールドワイドオリンピックパートナーズ)は以下の12社だ。

・コカ・コーラ
・マクドナルド
・コダック
・オメガ
・VISA
・サムスン
・ジョンソン&ジョンソン
・パナソニック(6752
・レノボ
・GE
・アトスオリジン
・マニュライフ

 1社あたりの協賛金は100億円とも言われ、その莫大な金額にはビックリ! まあこれも、宣伝につながるからこそできることだ。

 ちなみに北京オリンピックは、史上初すべての国際映像信号がHD規格で制作・配信される初のオリンピックなのだそう。上記に含まれる唯一の国内発祥企業であるパナソニック(松下電器産業)はフルラインナップのHD機器で大会運営を強力にサポートするので、その映像美に世界が酔いしれれば、株価にも影響するのではないだろうか。

【参考】 北京オリンピックに過去最大の機器納入(プレスリリース)

ことによっては、ネガティブな材料にも?

 ただし、グッドニュースばかりではない。先述の通り、チベット自治区における中国政府の弾圧がオリンピック開催にも深い影を落としているのは周知の通り。さらにはこれが、公式スポンサーの関連商品に対する不買運動といった悪影響を及ぼし始めているのだ。

 例えば次のようなニュースも。日本コカ・コーラは4月17日、長野市で26日に行われる聖火リレーにおいて、隊列の先頭を走行させる予定だった、同社ロゴ入りの宣伝車の走行を中止することを発表。

【参考】 日本コカ・コーラが聖火リレーの参加中止(日刊スポーツ)

 チベット情勢を受けて警備が強化され宣伝者とランナーの間隔が開くことから、宣伝効果が低下すると判断したようだ。とはいえ実際のところ、企業イメージも大事にしたのかもしれない。「北京オリンピック公式スポンサー=株価期待」とはなりにくいかも。様子を見たいところだ。

 ちなみにコカ・コーラ関連の国内上場企業は下記の通りだ。

・三国コカ・コーラボトリング(2572
・北海道コカ・コーラボトリング(2573
・四国コカ・コーラボトリング(2578
・コカ・コーラウエストホールディングス(2579
・コカ・コーラ セントラル(2580


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5