MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【情報収集術】第4回 値上がり銘柄を見逃さない会社四季報 活用法

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/19 09:00

 プロ・アマ問わず投資家なら、必ず一度は手にしたことがあるだろう書籍といえば、東洋経済新報社の『会社四季報』。今回は、『四季報』の読み方と活用法をご紹介します。

数の論理は『四季報』でも例外なし

 投資家必見の企業情報のデータ本といえば、やはり、東洋経済新報社の『会社四季報』(以下、『四季報』)です。

 日本経済新聞社の『日経会社情報』など数種類が出ているなかで、私・藤本が特に『四季報』を勧めるのは、この手のものの中では最もシェアの高い本で、年4回の発売日もマーケット参加者の多くの人に知られているからです。

 日経新聞の活用法でも説明した通り、マーケットで重要なのは、「皆が知っている情報」であること。企業情報データについても、同じことがいえるのです。多くの人が見る『四季報』だからこそ、その活用法も重要です。

 マネックス証券をはじめいくつかの証券会社のサイトでは、口座開設者なら『四季報』に載った企業データを無料で閲覧することができますし、買うとなった場合でも、書籍もあればCD-ROM版もあります。また、3・6・9・12月の年に4回発売されるので、全部はいらないという人もいるかもしれません。

いつ買う? どれを買う?

 そこで、「1冊だけ買ってあとは無料のサイトを見るので十分」という方には、6月に発売される『夏号』を買うことをおすすめします。というのも、日本の企業では、決算月を3月末に設定している会社が多いからです。この年度末決算の結果が掲載されるのが『夏号』。マーケットへの影響が大きいのも『夏号』なのです。

 また、本とCD-ROMを比較すると、情報の一覧性は本に軍配が上がりますが、検索性ではCD-ROMの方が断然優位に立ちます。自分のスタイルや目的に合わせて選ぶのがよいと思います。

 ちなみに、証券会社のサイトの情報も、発売と同時に新しいものに切り替わります。

データはどこを見る?

 さて、せっかく買った『四季報』、どこを読めばよいのでしょう? 正解は、「ぺらぺらめくってテキトーなところを見ればイイ」。とは言ってもこれでは身もふたもありませんから、「買ったはよいが、データのどこを見ればよいのか皆目検討がつかない」という方のために、もう少し詳しく説明しましょう。

 私・藤本の場合、『四季報』を見ていておもしろいと思うのは、「平均年齢」と「平均年収」の部分です。たとえば【6861】キーエンスは、メーカーとしてはかなりの高平均年収の会社ですが、もう一つ特筆すべきことは、平均年齢が若いということ。

 平均年齢が30歳そこそこで1000万円以上のメーカーは、なかなかありません。ということは 「儲かっているんだなぁ」 ということがわかるわけです。

 それに、「株主」の項目も、いろいろなことを示唆してくれます。例えば大企業の子会社なのにそれとわからないような、名前がぜんぜん似ていない会社を見つけるには、この項目が大いに参考になります。また、オーナーと経営者が一緒の会社は、経営者が元気でがんばっているうちはよいけれど、代替わりのときが心配だな、などと妄想することもできます。

 ほかには、「外国人持ち株比率」を気にする人も多いですね。「外国人持ち株比率」が0%という会社は何かよくない材料がありそうですし、やたらと高いのもいきなり大量に売られそうでちょっとコワいものを感じます。「外国人持ち株比率」の動きをエクセルで管理しておけば、変化率を管理するのも簡単ですよ。

『四季報』の活用は抱き合わせで!

 次のページでは、『四季報』を活用する具体的な方法についてご紹介します。


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 藤本 誠之(フジモト ノブユキ)

    「相場の福の神」とも呼ばれている人気マーケットアナリスト。関西大学工学部卒。日興證券(現日興コーディアル証券入社)、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。2008年7月、マネックス証券から、カブドットコム証券に移籍。2010年12月、トレイダーズ証券に移籍。2011年3月末同社退職 現在は、独立してマーケットアナリストと活躍。多くの投資勉強会においても講師としても出演。日本証券アナリスト協会検定会員。ITストラテジスト。著書に『ニュースを“半歩”先読みして、儲かる株を見つける方法 』(アスペクト)など。個人アカウント@soubafukunokamiでつぶやき始めました

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5