MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

事前準備ゼロで「始めちゃいました」FX体験記 おさえておきたい注文方法4種類とは

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/11 09:00

これまで、岩崎さんの「とりあえず実行!」という体当たりの体験記をいくつもお伝えしてきました。FXを身近に感じ、実際に始めるに至りましたか? それともまだ足踏み状態? 今回は、実際の取引における4つの基本的な注文方法についてです。

助走が長すぎて疲れてませんか?

 私が主催する、投資家の交流会やセミナー参加者の話を聞いていると、実際に取引に至るまでの経緯について大きく分けて2つのタイプに分かれるようです。

●時間をかけて準備万端!
 しっかり勉強してから始めるタイプ

●とにかく実行あるのみ!
 まず挑戦し、やりながら覚えていくタイプ

 私は完全に、後者の方でした。最初は、証券会社のHPやブログ、本などを読んではみましたが、まったくといってよいほど、頭に入って来ない。とりあえず始めてみて、やりながら覚えていこうと、気軽な感じで口座開設し、取引を始めました。

勉強ゼロで始めた間違いだらけのデモトレ体験記

 とはいっても、いきなり身銭を使って取引するのはさすがに無謀だと思いましたし、怖かったので、口座を開いたFX業者の「デモトレード」から開始しました。

 まずはシステムをダウンロードして、パスワードを入力して、画面を開きます。すると、各通貨の数字がピカピカと点滅するし、ニュースはバシバシ入ってくるしで、それだけでビクビクしていました

 「私って実はとんでもないことをしようとしてるんじゃない?」とか、「注文間違えそうで怖い!」とか。いろいろな思いが頭の中をぐるぐると駆け回っていました。しかし、とりあえずデモトレードなら、実際のお金を使わなくても良いため、気持ち的には楽なものです。

 FXは、24時間気軽にネットから注文できるのでとても便利ですが、気軽に注文できる分、間違えて注文してしまうこともあるので、要注意です。私の場合、ロングしようと思って、ショートしたり。取引数量を1ケタ間違えて注文してしまったこともあります。

間違ってもPCに当たらないようにしましょうね…</
間違ってもPCに当たらないようにしましょうね…

 デモトレードでは、自分が実際に取引する予定の、通貨ペアでの取引がお薦めです。一定期間取引してみるだけで、各通貨ごとに、特徴があるのが見えてくるはずです。自分なりに、通貨の特徴を観察してから取引すると、心理的に慌てずに済みますから。

 私が一番最初に試した通貨は、南アフリカランドでした。値段も安く、高金利だったので。あとは、ユーロ、オージー、キウイなどなどでした。しかし、しばらく経つと、デモトレードだけでは物足りなくなってきます。とくに、利益を出した時など。

 さて、デモトレードで、自分なりにコツをつかんできたら、次は、実際の注文をしてみましょう!


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 岩崎 かおる(イワサキ カオル)

    ファイナンシャルプランナー。ベンチャーIT企業をリストラされた元OL。今の時代、こつこつ貯金だけでは、お金を殖やせないと思い立ち投資の世界へ、お金に関する知識ゼロから出発。米株・韓国株・投資信託・FXと広く分散投資中。投資歴わずか1年で資産2倍を達成した。投資スタイルは「中・長期投資」のファンダメンタル重視派。2007年11月に「がっちり儲けるFX」にて寄稿している。
    またこれからの日本人には、お金に関する知識が必要だと考え、ファイナンシャルインテリジェンスを日本中に広めるため、セミナーも開催している。「岩崎かおるのふえふえ投資日記」は毎日更新している。2008年7月に株式会社スカイミントを設立。まったく新しいアフィリエイトサービス「ペタペタ」を運営中。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5