MONEYzine(マネージン)

一覧から探す

ビギナーが迷ってしまうFX業者選び
200社の中から1社を選ぶための「9つのポイント」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/07/02 09:00

 あなたが最初にFXを始める時に迷うのが、取引業者選びではないだろうか。なんといっても現在FX事業者の数は約200社もある。この中から1社を選ぶのだから大変だ。今回は誰もが迷ってしまう業者選びについて参考までに私の意見を書いてみた。(バックナンバーはこちら)

業者200社からどこを選ぶ?

 現在たくさんの為替取引業者が存在する。この中から実際に取引で利用する1社を選ぶというのはなかなか困難だ。今回は初めてトレードするなら誰もが迷ってしまう業者選びについて書いてみたいと思う。

 さて為替取引は個人投資家だけでなく、銀行も取引をしている。銀行間の為替市場では取次業者は短資会社系の8社しかなく、その中で主に使っていたのは3社だけであった。現在はその時代も終わり、EBSというオンライン業者1社での取り次ぎが主流となり、ここが取引量の90%を占めている。いうならば1社で全為替取引を行っているようなもので業者を選ぶ必要はなくなってきている。

 一方で個人のFX取引の場合は200社から数社選ぶのであるから、さっぱりわからないというか選択の基準をどこに置くかが非常に難しい。

 98年の個人のFX取引開始時点では「フリー、フェア、グローバル」の名の下で原則自己責任で取引するという基本があったが、たちの悪い業者が多く見られ個人投資家も被害を被ったため、金融庁が乗り出して現在は登録制となっている。個人投資家にとって完全ではないが安心感は増した。ただそれでも業者の不祥事は消え去ることなく、金融庁から処分を受けていることも目にする。

 業者の種類としては、下記に分けることができる。

 基本的には業者は個人投資家のFX取引の仲介を行い、自己ポジションでは多くのリスクをとらないので、忠実に取り次いでくれれば問題はない。

 相場での勝ち負けは業者でなく個人の能力に帰するものだ。業者は誠実に仲介してくれればいいという先ずは抽象的な意見を述べたい。誠実さは自分で口座開設時の対応や実際にFX業者を訪問して自分で感じ取ってもらうしかない。

 それ以外の業者選びの客観的なポイントは9つに分けたので参考にしていただきたい。(次ページへ続く)


【FXランキング】 FXランキング 最新FXランキング スワップFXランキング 手数料FXランキング 口座数FXランキング 会社
【FXを徹底比較】 FX比較 取引コストFX比較 手数料FX比較 通貨ペアFX比較 発注機能FX比較 サービスFX比較 安全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

もっと見る

著者プロフィール

  • 野村 雅道(ノムラ マサミチ)

    1979年東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。1982年ニューヨーク支店にて国際投資業務、外貨資金業務、外国為替業務に携わる。1985年帰国後、本店にて外国為替チーフディーラーとして活躍。1987年ファーストシカゴ銀行へ転出、スイス銀行を経てBNPパリバ銀行外国為替部市場部長。東京外国為替市場の中心として活躍した。現在は、FX湘南投資グループ代表(FSIG)ならびに専修大学、中京大学講師。テレビ、ラジオ、新聞などの国際経済のコメンテイターとして活躍中。為替を中心とした国際経済、日本経済の実践的な捉え方の講演会を全国的に行っている。著書に『働かずに毎年1000万円稼げる私の「FX」超活用術 』(講談社+α新書)など。執筆中のブログ「ID為替研究所」「ID為替レポート」「野村雅道と楽しい投資仲間達」も人気。

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

スポンサーサイト

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5