MONEYzine(マネージン)

テーマ別に探す

【情報収集術】第12回
朝5時45分からスタートする私の株式情報収集を公開

  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/07/27 09:00

 今回は私、藤本の一日をご紹介しましょう。「相場の福の神」が毎日どのような流れで株式情報の収集をしているのかが、おわかりいただけるのではないかと思います。(バックナンバーはこちら)

藤本の一日は、『モーニングサテライトで』始まります

 朝、起きるとテレビ東京の経済ニュース番組『モーニングサテライト』(月曜~金曜の午前5時45分~6時40分)を見ながら朝食をとったり、身支度を整えたりします。毎朝注目して見ているのは、NY市場の動向と、シカゴCMEの大証の前日終値比です。NY市場ではNYダウとNASDAQの値動きの違い、シカゴCMEと大証の前日終値比は、寄り付きの日経平均に大きく影響を与えます。また、為替の動きもドルを中心にざっと追っておきます。

 混んだ電車に乗るのが嫌なので、番組の途中には家を出てしまい、空いた電車に乗り込みます。電車の中では、日経新聞の朝刊をチェックします。

 まずは、一面。トップ記事など、なぜこの記事が一面に掲載されているのかを考えながら読みます。また、一面の集中連載記事は旬なネタなので、要注目です。次にマーケット総合はさっと斜め読み。企業面と企業統合はじっくりと読みます。国際面は、このニュースがどのように日本に影響を与えるのかを考えながら読みます。また最終面の『私の履歴書』については、以前も触れましたが月末に注目しています。

 日経新聞のチェックが終わると、阪神タイガースが勝った翌日はデイリースポーツを読み、昨日の勝利を再度楽しみます(私は阪神ファンなのです)。この通勤時間内に新聞のチェックは終了です。

会社では、ネットのチェックが中心です

 会社に到着してからは、ネットをチェックします。まずはヤフーのニュースをざっくり見て、その後、カブドットコム証券のWebにログインします。

 再度、海外市場の株価動向を確認し、弊社・山田勉の「今日の見通し」を熟読します。今日の予定や、昨晩の海外動向などがコンパクトにまとまっていて非常に便利です。

 ここから、毎朝の藤本の連載記事である、『ニュースを半歩先読み術』の執筆を開始します。これは、毎朝の日経新聞から藤本が気になる記事・広告をピックアップして、裏読み、先読み解説を行うコンテンツです。毎朝、気合いを入れて執筆しているので、ぜひ、一度読んでください。カブドットコム証券にログインすると、無料で読むことができます。

 その後、8時50分にシンガポールSGX日経平均先物が始まるので、CME終値との価格差をチェックします。

 場中は株価をチェックしつつ、ニュースを斜め読みします。
 引け後は、指数をチェックし、気になる銘柄の株価、ニュースをチェックします。

 帰宅後は、日経新聞夕刊に目を通しますが、これはボーっと読んでいます。投資家の多くは、朝刊ほどは夕刊は重視していないのではないかと思います。

 また、テレビではテレビ朝日の『報道ステーション』を見ます。阪神が勝ったときは、ほかのニュース番組もスポーツコーナーだけ見ます(私は阪神ファンなのです)。そして、最後に『すぽると』で阪神が勝ったのを見て寝ます。阪神の動向は、私にとっては日本経済の動向と同じくらいに重要なのです。

朝の日経チェックのポイントは?

 毎朝の日経新聞のチェックは、阪神勝利の余韻を楽しむ時間を残しておきたいので、30分程度で済ませています。ですから、一つひとつの記事を熟読するというよりも、1面から順に見出しを追っていくような感じです。というのも、市場が開く前に銘柄の情報をチェックしてしまいたいからです。

 個人投資家の皆さんも、早起きして日経をチェックすることは、3文とは言いませんが、きっと得になるはずです。見出しをチェックして、自分に関係がある銘柄にからむ記事があれば熟読し、このとき悪い予感があれば、市場が開いたらすぐに売っておくとその日を心静かに送ることができるでしょう。

 次に朝の日経チェックでは、どの面のどんな記事に注目すべきかについてお話します。(次ページへ続く)


  • ブックマーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 藤本 誠之(フジモト ノブユキ)

    「相場の福の神」とも呼ばれている人気マーケットアナリスト。関西大学工学部卒。日興證券(現日興コーディアル証券入社)、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。2008年7月、マネックス証券から、カブドットコム証券に移籍。2010年12月、トレイダーズ証券に移籍。2011年3月末同社退職 現在は、独立してマーケットアナリストと活躍。多くの投資勉強会においても講師としても出演。日本証券アナリスト協会検定会員。ITストラテジスト。著書に『ニュースを“半歩”先読みして、儲かる株を見つける方法 』(アスペクト)など。個人アカウント@soubafukunokamiでつぶやき始めました

     

本記事は、投資や貯蓄などマネーを活用するための情報提供を目的としており、続きを見る

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5